タグ:Voigtländer SWH 15mm F4.5 ASPH ( 11 ) タグの人気記事


2015年 03月 13日

scene991:もったいないカメラ RICOH GXR A12

e0253132_21482992.jpg
RICOH GXR A12 + Voigtländer SWH 15mm F4.5 ASPH.
2012-08-17 物件探しのときの写真

最近写真を撮っていなので(さらにフィルムばっかりなので)ブログ更新する時に
過去の写真をよく見ます。

今回目に止まったのはRICOH GXR A12。

発売時すごい話題になって、発売と同時に購入したが全然使えていない。

「使っていない」のではなく「使えていない」。

この時は狂ったようにカメラとレンズを購入していた時なので、どうしてもEVFで撮るこのカメラで撮るモチベーションが下がったからでした。

でも当時から、絵はすごく気に入っていました。

RAW撮って出しもよい、さらにカメラ内JPGもよい。(この写真はカメラ内JPG)

MマウントなのでMマウント以外のいろんなレンズも使えて、いろいろ設定もできてエフェクト機能も満載。

はっきりいって完璧なカメラでした。
これでフジのXシリーズのように内蔵EVFだったらもっと出番があった。
(フジのXシリーズでもマウントアダプターがあればこのカメラの代わりになりますもんね。)

気づいたらGXRカメラ自体が発売中止。
本当に良さが気づかれないまま埋もれていったカメラだと思います。

でもまた使うと思います。
不思議と売却カメラのリストには一度も上がった事がないんです。

売るときっと後悔するカメラになるような気がするんです。

いつか違うセンサーユニット(50mm F2.5)も買うかもしれませんしね。

「本当に伝えたい事シリーズ」を一人でも多くの人に伝えたい。
 そんな思いで順位UPを願っています。
 その思いに賛同頂ける方は、ポチットして頂ければとっても嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 家族ブログ 仲良し家族へ
にほんブログ村

もちろんポチ無しでも、\(^o^)/いつもご訪問有り難うございます〜。



[PR]

by rangefinder-love | 2015-03-13 17:00 | 写真・カメラのコト
2014年 11月 22日

scene879:衆議院解散・総選挙について私の意見

e0253132_21204310.jpg
FUJI FILM X-E2 + Voigtländer SWH 15mm F4.5 ASPH.
首相官邸前

昨日衆議院が解散しましたね。
ここで、私なりの今回の解散について述べたいと思います。

まず、今回はっきりしておきたいのは、「大義なき解散」なんて一部のメディアをのぞき、殆どのマスコミはこう報じていますが
「断じてそんな事はない!」と言う事です。

特に朝日新聞は酷い。このブログを見て頂いている方にお伝えしたいのはこの朝日を筆頭とするネガティブキャンペーンに騙されてはいけません。

野党も野党です。普通衆議院解散なんて野党にとっては政権交代の大チャンスです。
でも野党も反対という。

これが数ヶ月前に総選挙したならまだしも、前の選挙から2年が経過してます。
何故これを歓迎しないのか??
野党は政権取る気がないのです。そんな野党に国民は期待してもだめですよね。

ただ、与党を批判するのは野党の宿命です。だから百歩譲っても少しはわらないでもない。

でもマスコミが批判するのはおかしいくはないですか?


More 何故マスコミがおかしいのか!?
[PR]

by rangefinder-love | 2014-11-22 17:00 | 本当に伝えたい事 | Comments(2)
2013年 09月 21日

scene445:経済の話⑤ 日本は今、スエーデンのようになるれるか?

以前、私の記事に対してこういったコメント頂きました。

消費税、今のまま税率が低いままではいけないでしょうね。
消費税を上げる代わりにしっかりと税金を北欧の様に使って欲しいですね。


それに対して私は

仰る通りですよね。私もそう思います。
でもそれはムリなんです。
今度その事はとりあげますね。
実は消費税で北欧の福祉が成り立っているわけではないんです。


と返信したまま、そのままになっていました。

と、いうワケで今回の記事となります。
e0253132_20531251.jpg

Leica M9-P + Summilux-M 35mm F1.4 2nd.
原宿

このコメントを書いた時は、消費税を今あげるのが良いのか悪いのか、
正直勉強不足でわかりませんでした。

ただ、今回の経済の話④までで、今増税すべきでない理由を上げてきました。
理由はデフレ時に増税してはまたデフレに戻るからです。

そして、なぜ消費税増税と進めるのかを、その圧力に関して上げてきました。
財務省、メディア。

今日はもう一つの圧力の財界(経団連)の話をスエーデンなどの高い消費税率国と比較しながら
述べたいと思います。


今回は長いので2回にわけます。

【本日】
主に消費税に関して各国との様々な観点から比較をします。
そして企業と消費税の関係を少し触れます。

【明日】
財界が消費税増税しろと政府に圧力をかけ、そうしてきた結果社会保障に全然当てれていない
そして今後も当てれない事をお伝えします。

More 北欧諸国の社会保障を主に支えているのは消費税ではない
[PR]

by rangefinder-love | 2013-09-21 22:23 | 本当に伝えたい事 | Comments(4)
2013年 08月 16日

scene412:明日への希望〜自前の資源を持つこと〜

<予約投稿です>
なぜ、先の大戦に突入したのか?
なぜ、負けたのか?


自前の資源が日本になかったからである。

日本には石油がない。
連合国に輸入路を封鎖され、突破口を切り開くしか無かった。

敗戦後、二度と負ける戦争などしなくて済む様に、何より自前の資源を持とうとするはずだ。

ところが戦争に勝ったアメリカの言いなりにアメリカやイギリスが支配する
国際メジャー石油資本の言い値で、現在まで石油や天然ガスを買ってきた。

やるべき事が真逆である。
戦争に負けた以上は、勝った側の言う事を聞かねばならないと思い込み、恐れ、
日本の政治指導者やトップ企業の経営者から一国民まで、それぞれの身を守るため思い込んだ。

それは私も同じです。

日本が原子力発電に自民党政権も民主党政権も、力点を置いてきたのは、これにいくらか抵抗
しようという意味があった。

原発も燃やすウランは海外から買わないいけないが、ウランは世界中から採れるので
アメリカの支配を受けにくい。原子力を準国産エネルギーと呼ぶこともある。

原子力もフクシマの事故から未だ立ち直れていない。

福島の放射性廃棄物を最終的に封じ込める事は実際にはほぼ100年かかる。
だが、この災害があってなお、原子力のメリットも正当に評価せねばならない。
e0253132_1739155.jpg

Leica M9-P + Voigtländer SWH 15mm F4.5 ASPH.

かつて、田中角栄首相は中東で直接、現地国と交渉して油田を開発しようとしたが
ロッキード事件で実刑の有罪判決を受け、上告中に亡くなった。

それから日本には国際メジャー石油資本と張り合う試みは一切、途絶えてしまった。


そして、福島の原子炉もまたアメリカGE製のマークⅠという有名な欠陥炉だ。
どこで有名かというと当のアメリカで・・・。


①コスト削減の為に格納容器が小さくしてある。

地震をはじめとする自然災害やヒューマンエラー、人間のミスによる事故、
テロによる異常事態になった時に、水素の発生の際に水素爆発が起きやすい。

②BWR(沸騰水型軽水炉)であり、核分裂をコントロールする為の「制御棒」を
 圧力容器の底から入れる。だから最初からお釜の底に穴があいている構造。

メルトダウンで核燃料が溶けた時穴に隙間が出来ていれば、そこから下に漏れやすい。

③使用済みの核燃料棒を入れるプールが地上から30〜40mの高さにある。

何か起きて水を入れる時には当然、困り果てる。
みさんもTVで見たはずです。消防車やヘリコプターで海水を入れる所を・・・。

マークⅠは1970年代からGE社の技術者が内部告発したり、政府の核規制委員会からも
告発があり、大騒ぎになった。

だから、地震の多いアメリカの西海岸には一基も無い。
サンフランシスコ大地震やロサンゼルス大地震が繰り返されてきた西海岸には危なくて
置けなかった。


地震がほとんど起きないとされてきた東海岸、ワシントンD.C.やニューヨークのある東海岸や、
アメリカ大陸の中央部にだけ置いた。

それをアメリカは、地震国の日本に売りつけた。日本はそれを買った。

もし、福島第一原発の原子炉がが全て国産炉だったら、ここまで過酷な事故にはなってなかった
可能性が高い。

戦争で負けて、買ったアメリカに従わなければならないと延々と思い込み続けて来た結果、
こんな所にまで、その悪影響が及んでいる。


日本は本当の意味でかわらなければならないと私は思っています。

それは「日本は資源小国である」という思い込みを捨てる事であり、

「日本は敗戦国であるから、勝者の作った世界秩序に従属せねばならない。」という思い込みを
脱しなければならない。


日本は自前の資源を持つべきです。そして国民一人一人がそれを阻止する力と戦うべきです。

「えっ?自前の資源ってないでしょ?日本には??」

と思うのは当然です。

More でもそれは間違いなんです。知らされていないだけなんです。
[PR]

by rangefinder-love | 2013-08-16 17:00 | 本当に伝えたい事 | Comments(14)
2013年 02月 05日

scene218:たぶん見たのは二回目

北欧旅行の写真を見直している。
e0253132_22125663.jpg

コペンハーゲンからストックホルムに向う国境列車の中で。

目にとまったものをpick upした。
おそらくこの写真を見たのは旅行から帰って通しで見た以来。

妙に立体感があり気に入った。
*クリックした拡大します。*

More そしてこの写真も・・・。
[PR]

by rangefinder-love | 2013-02-05 22:27 | 写真・カメラのコト | Comments(4)
2013年 01月 22日

scene201:ライブラリ

写真をライブラリで見ていると、こんなん撮っていたんだと思うものがある。
2012/08/17のタグを見ると。
e0253132_2147148.jpg

前の家。結婚して妻が私の家に転がり込んで来た。(嘘、引っ越しする予定ではいた)
レイアウトがなつかしい。部屋中マリメッコの布だらけ。

More 髪がながい妻・・・。
[PR]

by rangefinder-love | 2013-01-22 19:00 | ヨメのコト | Comments(8)
2012年 09月 28日

scene101:Leica M9-P + Voigtländer SWH 15mm F4.5 ASPH.

最近をボケが大きい写真ばかり掲載していたので
普通の写真を一枚。
もちろんヌークシオ国立公園です。
e0253132_2165173.jpg

M9-P + Voigtländer SWH 15mm F4.5 ASPH.

Voigtländer SWH 15mm F4.5 ASPH.はHologonより明るくて使いやすい。しかも軽い。
結局Hologonより出番は圧倒的に多かった。

しかしHologonの方が素敵な写真が撮れたのは言う迄もない。
[PR]

by rangefinder-love | 2012-09-28 23:10 | 写真・カメラのコト | Comments(0)
2012年 09月 05日

scene86:Mumin's house オープニング

はい。Mumin World編にもどります。
開園と共にMumin's houseには
Muminとその仲間達が沢山います。
e0253132_23331630.jpg

M9-P + Voigtländer SWH 15mm F4.5

何言っているかわかりません〜。
[PR]

by rangefinder-love | 2012-09-05 23:34 | 写真・カメラのコト | Comments(2)
2012年 08月 24日

scene79:気持ちの変化は小さなきっかけから。

ここ最近は気分が沈みがちだった。
今日も仕事のやる気がなく、昼食後事務所で事務処理でもしようと帰ったがその駐車場で爆睡。
一時間半睡眠・・・。

一人っきりの事務所で黙々と処理をしていると気分が少しづつ晴れて来た。
胃が痛くなるので、めっきり飲まなくなったコーヒーを久しぶりに飲むために近くの
スタバでコーヒーを買いに行き、飲みながらオフィスビルをブラブラ空を見ながら歩く。

そこに小さな法律事務所の看板が。

あれから2年半、約1年半も闘ったんだな〜。よく一人で闘えたもんだ。
現在の苦労なんてあの時の孤独、絶望に比べたらなんて幸せなんだ。そして今それを
勝ち取ったんだと思うといつもの夕焼けが少し違って見えて、気持ちがとっても楽になりました。

この気持ちを忘れたくなくて、今日書き留めたくて。

StockholmからFinlandに向う船中(シリアライン)にて。
夕焼けがとっても奇麗だった。
e0253132_10285794.jpg

M9-P + Voigtländer SWH 15mm F4.5
[PR]

by rangefinder-love | 2012-08-24 22:30 | ワタシのコト | Comments(4)
2012年 01月 07日

scene37:奥入瀬

e0253132_171353.jpg

青森 奥入瀬渓流

まだまだ色んなレンズとカメラがありますが、なかなかカメラをどっぷり楽しむ時間がありません。

今週3連休は両親が上京、彼女との両親の初対面。
11日には入籍です。
たのしみです。
[PR]

by rangefinder-love | 2012-01-07 01:09 | 写真・カメラのコト | Comments(0)