カテゴリ:本当に伝えたい事( 152 )


2015年 04月 07日

scene1016:天皇陛下パラオ訪問に際して② 「人種の平等」を訴えた日本の統治

e0253132_21272017.jpg
Nikon D7000 + AMRON SP ASPH DiⅡ11-18mm F4.5-5.6
2011-02-28 ハテノ浜
*写真を1クリックすると大きくなります。 

天皇陛下が8〜9日の日程でパラオに行かれるのでそれに沿った内容を
数日かけておたえしようかと思っています。(今日はその二回目です。)


さて、昨日に引き続き、もう少しパラオの事を書きたいと思います。

パラオが、白人の植民地となったのは、明治18(1885)年のことでした。
スペインが植民地として支配したのです。

スペインの統治は、たいへん過酷なものでした。
スペインによる統治は、明治32(1899)年に、ドイツの植民地になるまでのわずか14年ほどの間のことです。
けれどたった14年で、パラオの人口は、約90%も減少してしまったのです。

もともと、人口2万人くらいの島国です。
そのうちの90%が命を奪われた。
それがどういうことか、想像してみてください。

忘れてならないのは、植民地支配を受けた国々では、大なり小なり、同様のことが起きた、という事実です。
南米では、文明そのものが滅び、いまでは昔の言語、習慣さえもわからなくなっている。
ほんの200年に満たない昔が、まるで超古代文明のように、その痕跡しかなくなっているのです。

米国においても、先住民族であるインデアンが、もともとは北米大陸に800万人の人口があったのに、いまでは、わずか35万人。しかもその全員が、白人との混血です。

「植民地になる」ということは、そういうことなのです。
そのことを、私達はちゃんとわきまえる必要があります。

私達の先人が、日本が植民地とならないために、(なったら10人中9人が殺されるのです)、どれほどの犠牲と努力をはらい、日本を護り抜いてきてくれたか。
そのおかげで、いまの私達が生きています。日本という国があります。
平和を満喫し、世界中のおいしい料理を食べることができ、エアコンの効いた部屋で過ごせるという豊かな生活を送ることができています。
それは他の誰でもない。私達の先人たちが、私達を守ってくれたおかげです。
そういうことを、私達は、ちゃんと知らなきゃいけないし、子供達に教えなきゃいけないと思います。


さて、スペイン統治によって、パラオは、人口の9割が失われたパラオは、もともと、産業のある国ではありません。
スペインは、もうこれ以上パラオから収奪するものがなにもないとなったとき、わずか450万ドル(日本円で4億円くらい)で、パラオを含むミクロネシアの島々をドイツに売却してしまいました。

買ったドイツは、パラオの原住民を使役して、ココナッツの栽培などにチャレンジするのだけれど、あまり効率はあがらない。
同時に、ドイツもスペイン同様、現地の人々への教育や道路、流通の整備、産業の育成や法や行政諸制度の整備などは、まったく行っていません。


そのドイツが、第一次世界大戦で負けた後、パリ講和会議において国際連盟が結成され、戦勝国である日本が、ドイツ領であったパラオを含むミクロネシアの島々一帯の統治を委ねられることになったのが、大正8(1919)年のことです。
パラオが、日本の「委任統治領」となったのです。

日清、日露を戦い、西欧諸国に匹敵する強国となった日本は、第一次世界大戦のあとに行われたパリ講和会議で、新たに設置される国際連盟の憲章に、「人種の平等」を入れるように提案しました。
けれど、これは英米の頑強な抵抗にあって、頓挫してしまいます。

代わりに日本に与えられたのが、ドイツが所有していたパラオを含むミクロネシア一帯の統治です。
これは、ひとつには、日本に資源のないミクロネシアを与えれば、さしもの日本も西欧諸国と一緒になり、植民地支配者としての収奪をはじめるであろう、よしんばそこまでなかったとしても、日本の支配地域を太平洋に大きく張り出させることによって、日本の海軍力を削ぐ効果を生むことができるであろうという見通しのもとに行われたものであったと言われています。

ところが、こうした西欧諸国の企図とは裏腹に、なんと日本はパラオ統治の委任を受けるとすぐに、パラオに南洋庁を設置し、パラオに、学校や病院、道路などを建設をはじめ、地元民の教育と、行政制度の確立、街のインフラの整備と産業振興をはじめたのです。

それまでの世界の委任統治というものは、収奪するだけのものです。
ところが日本は「奪う統治」ではなく「与える統治」をはじめました。



More 世界が驚嘆した日本の植民地支配ならぬ日本の統治とは。
[PR]

by rangefinder-love | 2015-04-07 17:00 | 本当に伝えたい事 | Trackback | Comments(2)
2015年 04月 06日

scene1015:天皇陛下パラオ訪問に際して① パラオはむかし日本だった。

e0253132_17285511.jpg
Leica M9-P + summilux 35mm F1.4 ASPH.
2015-04-03  六義園
*写真を1クリックすると大きくなります。

天皇陛下が8〜9日の日程でパラオに行かれるのでそれに沿った内容を
本日から数日かけておたえしようかと思っています。

戦後生まれの私達には嘘みたいな話ですが、戦前まで、パラオは日本でした。

だから、パラオは日本の植民地だった、という人がいます。
違います。

最初に殆どの日本人は誤解しているので最初に申し上げます。

正確にはパラオは、日本の「委任統治領」でした。

「委任統治領」というのは、国際連盟規約第22条に基づいて、国際連盟の指定を受けた国が、一定の非独立地域を統治する制度です。
この制度は、もともとは、白人諸国が有色人種諸国を統治する、というより植民地として支配することに国際法的正当性を与えるために作られたものです。

たった、70年前の事なのにこの時代、いわゆる有色人種国家というのは、「国」とさえ考えられていませんでした。
ここは、現代人の常識と、ほんの数十年前までの世界の常識の大きく違うところで、簡単にいえば、有色人種の住むエリアは、「無主地」といって、国ではない。

たとえそこに「王」を名乗る者がいたとしても、それは猿山のボス猿がいるという程度の意味でしかありません。

近代国家というのは、住民から税をとり、国家としての共同体として、公共の事業を執り行ないますが、そのためには、税を納める人、つまり国民を政府がきちんと管理していなければなりません。
ところが、当時の有色民族たちには、たとえその民族が住む一定のエリアに、なんらかの「王」や「行政府」があったとしても、近代国家としての体裁をきちんと整えた地域は、ほぼ皆無だったわけです。(実際、日本くらいなものです。)

ですから当時の国際連盟に加盟するような近代国家は、そうでない民族の住む地を「無主地」とし、そのようなエリアは、近代国家が統治することが「正しい」とされていました。

この理屈によって、欧米各国は世界の有色民族を植民地統治していたわけですけれど、その一環として、日本は、第一次世界大戦の賠償のために南洋諸島を手放したドイツに代わり、南方の島々を国際連盟から統治をするよう、委任されていたわけです。

パラオは、あくまで国連からの正式な委任によって、日本が統治したものであり、その日本は、パラオから収奪するどころか、教育、文化、行政、法制度、都市インフラにいたる、あらゆるものを与えました。

当時たくさんあった日本も委任統治領。
なかでもパラオは、日本の南洋庁が置かれたところで、日本の委任統治の中心地となったところです。
そのパラオは、当時の南洋諸島や台湾、朝鮮半島、満州、樺太を含む日本領全域で開催された小学校の算数の学力大会で、なんと優勝するほどの実力を身に付けています。
そしてそのことを、当時の日本人は、たいへん喜んでいます。

けれどパラオの人たちは、日本が与えた教育その他よりも、実は、もっともっとはるかに大切で大きなものを、いまも大切にしてくださっています。

その事をこれから数日かけて話していきたいと思います。

今日からのお話はある記事を元に自由時間が再編集と私の意見を交えながら数日間記事します。
最後の日にその元記事をご紹介いたします。
(最初にご紹介するとごちゃ混ぜにになってしまうので・・・。)

「本当に伝えたい事シリーズ」を一人でも多くの人に伝えたい。
 そんな思いで順位UPを願っています。
 その思いに賛同頂ける方は、ポチットして頂ければとっても嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 家族ブログ 仲良し家族へ
にほんブログ村

もちろんポチ無しでも、\(^o^)/いつもご訪問有り難うございます〜。

このブログでは私の思っている事を本当に伝えたい事ちょっと伝えたい事に記載しています。
ご覧頂けたら幸いです。

[PR]

by rangefinder-love | 2015-04-06 17:00 | 本当に伝えたい事 | Trackback | Comments(2)
2015年 04月 02日

scene1011:AIIBに物申す!【22:00追記】

e0253132_21525113.jpg
Leica M9-P + Voigtländer NOKTON 50mm F1.1
2015-03-29  城北中央公園 
ADB陣営(桜)とAIIB陣営(枯れ木)を表した写真です。
*写真を1クリックすると大きくなります。

実に44日ぶりの「本当に伝えたいことシリーズ」

忙しいのと、ちょっとあることがキッカケで書く気をなくしていたんですが、
「いつかまた書くだろう。」とは思っていました。

興味をなくしていたわけではなく、毎日情報収集は欠かさずしているので
本当は毎日書いても書き足りないぐらい実はネタはあります・・・。

久々に一言だけ。

AIIB(アジアインフラ投資銀行)についてです。

最近新聞を賑わしているAIIB。昨日の国会審議では野党から
「なんで日本も参加しなんだ!」とか言っているとか・・・。

バカですね〜。
(おおっと!久々に書いたらちょっと私の発言が過激になっていたり・・・。)

みなさん、こういう国会議員には一票をいれないでおきましょうね。

私はこの無法なチャイナにもその甘い汁をちょっとでも吸えたらいいやとか思っている
今やチャイナの属国と化したイギリス(最近はイギリスの香港化と言われて久しいですね。)
とかドイツとかフランスなどのヨーロッパ諸国がいかに打算的に外交をしていることに怒っています。

一番怒っているのは当のチャイナですけどね!


More 自由時間がチャイナに一言いいたいこと・・・。
[PR]

by rangefinder-love | 2015-04-02 17:00 | 本当に伝えたい事 | Trackback | Comments(8)
2015年 02月 16日

scene966:やまと新聞社に行ってきた。

e0253132_21530253.jpg
LeicaM9-P + Voigtländer NOKTON 50mm F1.1
2015-01-17 やまと新聞社
*写真を1クリックすると大きくなります。

先月の話になってしまいますが、やまと新聞社に行ってきました。

このブログ通じての色々な方と知り合いになれましたが、その中でカメラの趣味を通じて「お会いしたい」とコメントした際に、
「実は、『本当に伝えたい事シリーズ』についても話したいですね。」
と言って頂いた方がいらっしゃいました。

お会いすると、なんと「やまと新聞」社の社長さんでした。

やまと新聞といえば、明治19年からの伝統ある新聞社です。

例えば、私がよく記事にする「ねずさんのひとりごと」の小名木善行先生もやまと新聞とは深い関わりがあります。

先月お会いしたのは二回目だったのですが、海外出張から帰国後の仕事の合間にお会いしていただきましたので、

「よかったらウチ(やまと新聞社)に来ます??」

と言って頂けましたので、喜んで出かけました。


e0253132_22280747.jpg
LeicaM9-P + Noctilux 50mm F0.95 ASPH.
2015-01-17 やまと新聞社

「さっきまで、小名木先生が打ち合わせでいたんだよ。」との事。

今回スタジオを新設され、そこで小名木先生の「百人一首」の解説などもこのスタジオでやる事になったようで
その打ち合わせの為のようでした。

「ウチの記者も今一人いるけど…。」と社長に言われ中に…。

次のアポイントまで3時間ぐらいあるとの事でしたが、思いっきり記者さんは仕事されていたのですが、
記者さんもとても暖かく迎えてくださいました。


More 自由時間がやまと新聞社に突撃取材!?
[PR]

by rangefinder-love | 2015-02-16 17:00 | 本当に伝えたい事 | Trackback | Comments(2)
2015年 02月 05日

scene955: 「新しい国へ」 ー 私と内閣総理大臣安倍晋三 ー

e0253132_23523542.jpg
Leica M7 + Summilux 50mm F1.4 ASPH.
FUJICOLOR 200 現像by自由時間
2014-08-11 鞆の浦
*写真を1クリックすると大きくなります。

今日は私と安倍晋三内閣総理大臣の事をお話しをしようと思います。

今から10年前、政治に全く興味がなかった私。

むしろ多くの若者がそうであるように、汚職のイメージが先行し、なにやらよく分からない政治を毛嫌いしていました。

政治家の中で最初に興味を持った人が実は安倍さんでした。

私が2005年の香港の駐在生活で反日デモも経験し、少し歴史問題に興味を持ち始めて間も無い頃でした。

2006年に戦後最年少で内閣総理大臣になるという安倍さん。

なんとなく、日本も新しくなるのでは?という期待感から著書「美しい国へ」を購入しました。

あまり覚えていませんが、たしか国会演説で「美しい国へ」と演説された事がニュースになり、
「それってどういう事?」
と珍しく、というか始めて政治に興味を持ち、中身を知りたくなりました。

そこには私が知らない日本の歴史、特に学校では三学期になり「時間がない」と言われてカットされた現代史の事が書かれていました。

知らない過去の事から現在に至るまで「こんな事があったんだ…。」というのか始めに思った印象。

そして始めて政治家が何を考えて政治家をしているのかが短かに感じ、同時に共感を覚えたを覚えています。

「これまで日本ではこういう事があったから、この人はこうしたいんだ…。応援したい。」

純粋にそう思いました。

本で書いてある事を次から次へと国会で法律を通していく安倍総理。
正直よくわからなかったけど、有言実行している事だけはわかりました。

しかし、同時にマスコミからのバッシングが半端なく酷い印象ばかり受けました。

これまで政治に興味がなかったと言ってもニュースぐらいは見ていましたので、
首相とその周りの大臣達の叩かれ方が異常だという事は私にもわかりました。
とても意図的なものを感じていました。

そしてどんどん情勢が悪くなり、さらに追い討ちをかけるマスコミ。
それとともにマスコミに影響を受けた国民、もっとみじかにいうと私の周囲の人たちも
安倍さんの悪口を言うようになりました。

私は本を読んでいるのでマスコミが描く安倍像は明らかに違うと言う事だけわかりました。

「そんな事思っていないはずだ…。」

でも本なんか読んでいない人達からすればマスコミの言っている事が本当だと思いどんどん印象が悪くなっていく…。

はじめてマスコミの怖さを知った時だったと思います。

1年後、突然の辞任。

始めて気にかけた政治家だっただけに私もショックでした。

辞任会見をみながら、とても悔しそうに会見している安倍さんを見て「何かがおかしい。」

と感じました。

今は、体調が原因で首相を辞任していたことになっていますが、実はそれだけではありません。
潰瘍性大腸炎は安倍さんは小さい時から患っており、昔から病気と付き合ってこられていました。

当時マスコミに異常なまでに叩かれ続け、最終的には自民党内部から引き摺り下ろされた。
それが真実でした。

「美しい国へ」で日本を良くしたいという理念を謳っている人の姿はそこにはありませんでした。

「絶対何かがおかしい…。」

当時の私はそれだけ思いました。

当時、私は真剣に安倍さんに手紙を書こうと何度も思いました。

「理由はわかりませんが、辞任会見の話は本心ではないはず。
 きっと人には言えない理由があったと思います。だから落ち込まないでください。
 そしていつの日かまたもう一度総理を目指してください。」

こう書いて送りたかったです。でも結局辞めました。「私なんぞが書いた所でなんになるのか。」

そう思ったからでした。

その後、民主党政権になり私にとっては憂鬱な三年半でした。
その間、悲しくなって「美しい国へ」の本を古本屋に収めました。

安倍さんが総裁に再任された2012年 09月 26日、私は「scene99:美しい国へ」を投稿しました。
純粋に嬉しかった事を覚えています。

2006年 09月 26日第一次安倍内閣発足からちょうど6年が経ったその日、政治に関心が高くなっていた3年前の私は
「日本がまた変わるチャンスが巡って来た」と思ったと同時に、またあの時のように「安倍叩き」が始まると思いました。

案の定始まり、今に至ります。

理由は簡単です。私と同じように戦後日本では「異端児」だからです。

「戦後レジーム(体制)からの脱却」

これを掲げている以上、これまで戦後を支配してきた既得権益を持つ人達からすれば邪魔者でしかないからです。


More 安倍晋三内閣総理大臣が戦っているもの・・・。
[PR]

by rangefinder-love | 2015-02-05 17:00 | 本当に伝えたい事 | Trackback | Comments(8)
2015年 02月 04日

scene954: マッカーサーと昭和天皇

e0253132_23133113.jpg
Leica M9-P + Voigtländer NOKTON 50mm F1.1
2015-01-17  井の頭公園
*写真を1クリックすると大きくなります。

またまた昨日からの続きです。

昭和20年9月27日のことです。

陛下が一人の通訳だけを連れて、マッカーサーのもとを訪れました。

「ついに天皇をつかまえるべき時が来た」

事前に連絡を受けていたマッカーサーは、二個師団の兵力の待機を命じました。

すでにこの時点で、陛下をどのようにするのか、GHQの中でも議論が交わされていました。
方針は大きく分けて3つありました。

1 東京裁判に引き出して絞首刑に処する。
2 日本共産党をおだてあげ、人民裁判の名のもとに血祭りにあげる。
3 支那に亡命させて秘密裏に殺害する。

いずれにしても、陛下を亡きものにすることが決められていたのです。

マッカーサーは、陛下が命乞いに来られるのだと思いました。

ですから彼は、傲慢不遜にもマドロスパイプを口にくわえ、ソファーから立とうともしませんでした。

椅子に座って背もたれに体を預け、足を組み、マドロスパイプを咥えた姿は、陛下をあからさまに見下した態度であったわけです。

そのマッカーサーに対し、陛下は直立不動の姿勢をとられ、国際儀礼としてのご挨拶をしっかりとなさったうえで、このようにおっしゃられました。


More 天皇陛下のその時なんとおっしゃったのか…。
[PR]

by rangefinder-love | 2015-02-04 17:00 | 本当に伝えたい事 | Trackback | Comments(6)
2015年 02月 03日

scene953: 天皇陛下万歳!の本当の意味

e0253132_00084891.jpg
Leica M7 + Summilux 50mm F1.4 ASPH.
FUJICOLOR 200 現像by自由時間
2014-12-29  鞆の浦
*写真を1クリックすると大きくなります。


日曜日までには日本人が今夢を持つ人が少なくなってきたこと、
同時に国としての目標がない世界で珍しい国になってしまったこと、
かつては国として目標がチキンとあって、天皇陛下の元国民が一致団結していたこと、
その一致団結できた日本独特の政治システム「国体」についてお話しをする所までしました。

今日から二日間に渡って、日本の「国体」と日本の強さを理由を知ってしまったマッカーサーとその後の日本の成り立ちのさわりまでお話ししたいと思います。

この事はお話しするのは、最初に書いた日本人が夢を持つ人が少なくなってきたこと、
国として目標がない現在の日本と密接に関係していますのでお話しいたします。


さて、日本と戦った欧米諸国、特に私が過去お話しした硫黄島の戦い、また沖縄戦を目の当たりにしたアメリカ人にとっては日本人の強さは理解できないものでした。

最も不可思議なのは神風特攻隊です。

突撃してくる兵士より、撃ち落とすアメリカ兵の方が泣きながら撃ち落としたほどです。

なぜそうまでして戦えるのか??

今、色々な映画やドラマなどで再現されていますが、どれも違います。正確ではありません。

ここで、「天皇陛下万歳」の言葉の持つ本当の意味について述べたいと思います。


More 「天皇陛下万歳!」 現代の日本人が知らないその本当の意味とは?
[PR]

by rangefinder-love | 2015-02-03 17:00 | 本当に伝えたい事 | Trackback | Comments(2)
2015年 02月 01日

scene951: 国としての目標。大化の改新と『国体』について

e0253132_20202020.jpg
Epson R-D1xG + Summilux 35mm F1.4 ASPH.
2015-01-31
銀座 野の花 司
*写真を1クリックすると大きくなります。

今日は、家で15時まで仕事していたら眠たくなって寝てしまい、気づくと18時でした…。

さて、昨日からの続きを…。
(書けば書くほど、今回の話はテーマがでかすぎて脱線しまくります…。)

日本は昔は国としての目標がありました。

それは「日本が日本であり続ける為に外圧があっても『国体』を守り独立し続ける事」です。

近代日本ではその家族のあり方から始まって、こういう国にしましょうという明治天皇が作った「教育勅語」がありました。
これが広く一般国民が目指した「日本」でした。

ここで、少しだけ教育勅語の内容に触れます。

12の徳目
1 父母ニ孝ニ (親に孝養を尽くしましょう)
2 兄弟ニ友ニ (兄弟・姉妹は仲良くしましょう)
3 夫婦相和シ (夫婦は互いに分を守り仲睦まじくしましょう)
4 朋友相信シ (友だちはお互いに信じ合いましょう)
5 恭儉己レヲ持シ (自分の言動を慎みましょう)
6 博愛衆ニ及ホシ (広く全ての人に慈愛の手を差し伸べましょう)
7 學ヲ修メ業ヲ習ヒ (勉学に励み職業を身につけましょう)
8 以テ智能ヲ啓發シ (知識を養い才能を伸ばしましょう)
9 德器ヲ成就シ (人格の向上に努めましょう)
10 進テ公益ヲ廣メ世務ヲ開キ (広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう)
11 常ニ國憲ヲ重シ國法ニ遵ヒ (法律や規則を守り社会の秩序に従いましょう)
12 一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壤無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ 
          (国に危機があったなら自発的に国のため力を尽くし、それにより永遠の皇国を支えましょう)

以上の事を、まず自分(天皇陛下)が率先して実行するので、皆さんもやりましょうね。とお話しされております。

これを学校教育で科目としてあったのが「修身」という授業です。

日本は昔から中国大陸からの侵略から自国の独立から守る為にたゆま無い努力をしてきました。

日本は天皇陛下を中心とし、国民は全員天皇陛下の宝物(おおみたから)であり、時の施政者はあくまで天皇陛下の代理として政治を任されているだけです。
だからこそ「宝物」の国民を幸せにしなければいけない義務があったのです。

その元で国民の為の政治が行われるので、日本国民は幸せでした。


More この日本独特の政治の基本的原則、つまり「国体」ができたのはいつのか?
[PR]

by rangefinder-love | 2015-02-01 20:44 | 本当に伝えたい事 | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 31日

scene950: なぜ日本人は夢見ることを忘れてしまったのか?


昨日からの続きです。
e0253132_00453587.jpg
Leica M9-P + Voigtländer NOKTON 50mm F1.1
2015-01-17  井の頭公園
*写真を1クリックすると大きくなります。

昨日の動画の植村努さんは夢見る事の大切さを教えてくれました。

そしてみんなが人の夢を育てる事もできる事も教えてくれました。


でも今日本中の人たちは、夢見ることを忘れてしまったかのように思います。特に若い人は。

なぜでしょうか?

たしかに、個人では夢を持って頑張っている人は沢山います。私もその一人です。みなさんだってそうだと思います。

植村努さんのロケットを開発するまでの成功体験もあくまで、「個人」の話です。

でも、みんなそういった夢の「限界」に気づくはずなんです。

個人的な夢だけではつまらない、虚しいものなのです。


日本人はこれほど豊かな国に生まれているのに、これほど国民主権が守られて、法治国家で、言論の自由も守られているはずなのに。

希望がない方がおかしいのに。若ければ若いほど可能性がたくさんあるのに。なぜでしょう?


個人として最も成功した一人のビルゲイツは世界一お金持ちが世界一幸せだと思って世界一のお金持ちになりました。

でもそうなってビックリしたそうです。全然幸せでないことに(気づくのが遅いですけど。)。


例えば昔の日本人はとても貧しかったです。でも今の日本人より幸せでした。

豊かではないけど、みんな一致団結して、足りないところは補って、助け合っていました。

東日本大震災でみんなが助け合っている所を見て世界中の人たちが感動したそうですが、今の日本はそうなった時だけ助け合っているような気がします。

普段はみんな結構バラバラです。家族だって結構そうですよね?

そう、バラバラなんです。個人個人がバラバラに夢を追いかけているんです。だから虚しい。

当然夢は人それぞれです。そういう事を私は言っているわけではありません。

例えば、良い組織はリーダーが立派です。みんなと協力するために一致団結して、「こうありたい」とみんなに指針たるものを示し、それに賛同し頑張る。

これって、みんな納得の理想像なのに、なぜか組織が「家族」だったら?もっというと「日本」となったら?

どうなるでしょうか?


More 今の日本人に足りないもの。今の「日本」が忘れてしまったもの。
[PR]

by rangefinder-love | 2015-01-31 17:00 | 本当に伝えたい事 | Trackback | Comments(2)
2015年 01月 30日

scene949: 世の中をかえる魔法の言葉

e0253132_23540934.jpg
Leica M9-P + Voigtländer NOKTON 50mm F1.1
2014-12-30  鞆の浦
*写真を1クリックすると大きくなります。

昨日はちょっと暗いことを書いたとおもいます。


>私の情報って本当に役にたっているかな?と懐疑的になりました。
>全然良くならない世の中にもすこし嫌気がさしているのかもしれません。

どーせ無理と思っていました。(それでもいいやと思って書いてもいますが)


More 書いた次の朝、素敵な動画を見つけました。
[PR]

by rangefinder-love | 2015-01-30 17:00 | 本当に伝えたい事 | Trackback | Comments(4)