2016年 06月 21日

scene1413:2016参院選 青山氏出馬会見詳報と私が更新をやめた一つの理由。

e0253132_23273987.jpg
Leica M9-P + summilux 50mm F1.4 ASPH.
2014-09-20 電車の中 嫁です。
*写真を1クリックすると大きくなります。






民間シンクタンク「独立総合研究所」社長でジャーナリストの青山繁晴氏(63)が、 20日に開いた参院選出馬会見の主な内容は以下のとおり。

「僕は政治家は嫌い。ずっとお断りしてきた」

「いきなり、僕ごときの決心について、驚かせて申し訳ありません。
 明後日公示の参院選に、自民党の全国比例から立つことを4日前に決めた。
 ありのままの経緯を話し、いくらでも質問にお答えしたいと思う。明日の朝5時まで」

「なぜ出るか。端的に申すと、日本は既得権益でがんじがらめ。それを打ち壊して、
 経済も社会も汚れた政治も変えるためには、僕自身の人生を壊さざるを得ないなという風に考えた。
 出馬したらどうかというのは、政治部の記者時代から何度かあったが、すべてお断りしてきた。
 僕は政治家は嫌い。自分を売り込むことを優先するという生き方は、なじまない。
 ずっとお断りしてきた」

「今回の件でいうと、今年の1月に、世耕弘成内閣官房副長官から
『今回ばかりは出てほしい』とあった。お気づきだと思うが、(慰安婦問題に関する)
 日韓合意をめぐって、批判渦巻いていたとき。その2日前、安倍総理に
『(合意には)反対です』と申し上げた。
 直後の(世耕氏からの)出馬依頼で、意外だったので断った」

「それから半年近く過ぎ、先週に突如、8日前、12日だったと思う。
 安倍総理から電話がありまして、『参議院の比例に出てもらいたい』といわれたので、
 お断りした。安倍さんから『そう言われるだろうと思って言った』と。

 総理は『国会で質問してもらえれば、外務省も経済産業省も変わるでしょう。
 自民党の部会で発言してもらえば、議員にも変わる人が出て来るだろう』と言った。
 客観的に重い言葉だと思う」

「1期しかやらない」
 
「そこから僕は苦しんだ。選挙は今でも嫌、今日の会見は悪夢と同じ。
 こんな会見で記者出身ですから、苦楽をともにしたようなみなさんとお目にかかるとは
 夢にも思っていない。既得権益を壊すには、自分の人生を壊さざるを得ないと思った。
 政治家が嫌いと申した通り、政治家が嫌われ、憎まれる。
 ところが、その政治によって消費税も決められ、生活の隅々まで決められることを考えれば、
 政治は嫌だと思って、次世代に渡していいのかな、と。
 違うことをやるんだったら、やってもいいかなと申しました」

「1期しかやりません。選挙活動は公示後、7月9日まで行って、二度とやりません。
 最大で1期6年しかやらない。
 政治は本来、ボランティア。政治が職業になってしまっている。
 こういうことを直すためには、1期だけの政治家がいてもいいんじゃないか」

「政治献金について、法的には寄付ですが、企業から受け取らないのは当たり前のことで、
 事実上の迂回(うかい)献金がずっと行われている。
 法の下で汚いことをやっている政治家がいる。個人も団体も、一切、一円も受け取らない。
 政治がやれるのかとなるかもしれないが、やれますよ」

「拉致被害者の高齢化、決心に」

「小さな決心をしたのは、拉致被害者家族が高齢になっている。
 有本(恵子)さんのお母さんは90歳になり入院した。
 現状を考えれば、やらざるを得ない。
 今の自分が築き上げてきたものを犠牲にしてでも、やるしかないと思う」

「落ちるなら落ちたらいい」

 --選挙活動は、関西に絞ってするのか

「違う。神戸に生まれ、共同通信をやめて、大阪のテレビの選挙番組に出たのが最初。
 僕と視聴者と国民の間をつないだのは関西のテレビ、ラジオ、新聞だからここを拠点にする。
 札幌から沖縄まで、本当は北方領土、釧路から沖縄まで行きたい。
 選挙資金は共同通信の退職金を使う。スタートは大阪でやりたかった」

 --具体的にどこから票を取るのか。支持団体は

「ないです。参院選挙が団体支援でおかしくなっている。
 比例区は本当はそんな趣旨ではないでしょ。本当に団体が支えたいならいいけど、
 既得権益を守るための団体になっているから。団体の支援は受けません。
 どこから票が出るかとか考えてない。落ちるなら落ちたらいいんです」

 --総理からはこれをやってほしいとかは

「ないですね。総理の言葉は、さっき紹介したのがほぼ全部。前触れもなく、
 突然にかかってきた。友情関係じゃないので、何でこんな電話かかるのかなと正直思った。
 ただし、口調は真剣だった」

「私たちの憲法作るべき」

 --消費増税の先送りについてのスタンス、憲法改正についてはどうお考えか

「延期というやり方は間違いと思う。財務省との妥協でやるんじゃなくて、
 少なくとも凍結、本来は減税だと思う。
 憲法改正は96条の改正手続きを踏んだ上で、私たちの日本語で憲法を作るべき」

 --消費増税については、自民党の公約や政策とずれる

「僕は何も変えない。会見がきっかけで公認が出ないなら、それでもやむを得ない、
 それでもいい。
 しかし、公認が出ないからといって、それまでの主張を変えるような人が
 政治家になること自体、おかしい。
 それは、党議拘束という政党政治のルールとは別問題。人間の志の問題」

 --他党から出ることを検討したことは。他からの打診は

「打診は全くない」

 --1期6年だけということは、安倍首相も了承しているか

「安倍さんには言ってない。電話が短かったから。
 安倍さんの意をくんで、僕に言ってきた世耕官房副長官には
 『1期しかしないがいいか』ということは確認した。もちろん結構です、と」

「『わが党のために』といわれたら、絶対出てない」

 --なぜ、自民党か

「決心して1度安倍さんと数分間会った。
 直接、総理の目を見て申し上げたのは、あの電話で安倍総理が一言でも
 『わが党のために』といわれたら、絶対出てないということ。
 そこは肝心なところであって本来、政党政治は、政党のために政治をやるんじゃなくて、
 考え違うけれども、いろんな人が集まり、民の願いを実現するのが本来のまつりごと。
 わが党のためにという政治になっているから、申し訳ないけれども、民進党も、
 共産党も僕にはそう見える。
 自民党も同じ。その意味では、今の政党政治は、同じ穴のムジナになっている」

2016参院選 青山氏出馬会見詳報(上)(下)

更新をしばらく(もしくは永遠に)辞めようと思った一つの原因はオバマ大統領の広島訪問。
これを評価する日本人が93%にも及んだ事。
私は7%の方。結果的に表面的には良い形に終わったけど、最悪の外交交渉のスタートから
ここに行き着くまでに安倍総理はじめとして日本政府がどれほど頑張ってきた結果だったか
という事の殆どの日本人が知らない、知らされてもいないという状況に正直悲しくなりました。

広島訪問の舞台裏を書こうかなと思ったけど、その前に書く気力を失いました・・・。
そして更新する元気も。

結果だけみて(当然そうなりますけど)よかったね。
と思うお人好しの日本人。

体調も結局最悪で5月から2ヶ月ほどずっと熱も下がらなく、原因不明。

そのほか色々あって『更新しない事に慣れて』ブログの事なんて
すっかり忘れていた今日この頃。

しかし、彼の奮起に私も頑張らねばと思う今日この頃。
そんな事を思う病弱な私にもポチを頂ければ嬉しいです。
     ↓
もちろんポチ無しでも、\(^o^)/いつもご訪問有り難うございます〜。
このブログでは私の思っている事を本当に伝えたい事ちょっと伝えたい事に記載しています。
ご覧頂けたら幸いです。

[PR]

by rangefinder-love | 2016-06-21 23:27 | 本当に伝えたい事 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hologon.exblog.jp/tb/24475002
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by akirasoftil at 2016-06-22 03:59
体調が心配です。
お大事にしてくださいね。
Commented by Neoribates at 2016-06-23 11:22
諸事情おありでしょうが,まずは体ですよね.復調されるようにお祈りしております.カフェバッハにもいつか.
Commented by rangefinder-love at 2016-06-27 23:09
> akirasoftilさん
ありがとうございます。
私も自分の体調が心配です・・・。^^;

無理はしないようにおとなしくしております・・・。
Commented by rangefinder-love at 2016-06-27 23:10
> Neoribatesさん
ありがとうございます。
また連絡します。ちょっとコーヒーでもゆっくりご隠居とは飲みたいですからね。

突然FBにて連絡すると思います^^


<< scene1414:2016参...      scene1412:ON TH... >>