2016年 06月 20日

scene1412:ON THE ROAD 青山繁晴氏 旧知の安倍首相から電話で出馬受諾 自民比例で立候補

e0253132_22001521.jpg
SIGMA DP2x
2016-05-13 八丈島
*写真を1クリックすると大きくなります。

青山繁晴氏、旧知の安倍首相から電話で出馬受諾…自民比例で立候補

調査研究機関・独立総合研究所社長のジャーナリスト・青山繁晴氏(63)が20日、
大阪市内で会見し、参院選(22日公示、7月10日投開票)に自民党の比例代表として
立候補することを表明した。

青山氏は「政治はボランティア。1期しかやらない。二度とやりません」と、
当選した場合、6年間の政治活動に集中する意向を明かした。

 青山氏は、共同通信記者時代に数回、出馬のオファーを受けたが「ずっと断ってきた」。
新党を結成して地元・兵庫から衆院選に出馬しようとした事もあったが、断念した過去があるという。
しかし今月12日、旧知の安倍晋三首相から直接電話があり、「出て欲しい」と要請を受けた。

これも「長期化した安倍政権に文句を言う人物が必要」いったんは固持したが
「国会質問で外務省や経産省が変わるかもしれない」との安倍首相の言葉に心が変わったという。

「選挙は嫌。この会見も悪夢と同じ」と苦笑したが
「既得権益を壊すには僕自身の人生を壊さないといけない」と、出馬を決意した理由を語った。
当選した場合、「独立総合研究所」の社長は辞任する意向。

 政治とカネの問題にも言及。
「政治はボランティア。職業になってしまっているから、政治資金で金魚の餌を買う人もいる」
と東京都知事を辞任した舛添要一氏を例に挙げつつ、
「政治献金は合法でも、1円も受け取らない。それでも政治はやれます」と言い切った。
メディア活動については「芸能プロダクションとは関係を持たないが、オファーがあれば」とした。

 青山氏は会見の中で、消費増税について
「延期という判断は間違い。少なくとも凍結。本来なら減税」と自民批判も展開。

「自民から出馬するのが一番嫌」とも話したが、「内部から変えた方がいいと思う。
自民党を変えないと現状は変わらない」と説明した。

訴える政策は資源産業の勃興と輸出型農業への転換など。
東京と関西を中心に選挙戦を展開する予定。
「名前の連呼なんかしない。たすきもかけません」と、有権者との対話を中心に訴えるという。

スポーツ報知 / 2016年6月20日 16時38分

色々な理由により、しばらく更新は辞めようと思ったけど今日のニュースにビックリして
とりあえず更新だけしました。
この記事に関してはここ5年ほど毎日の様に青山氏の言動をウオッチしてきた私としては
非常に複雑な思いですが、彼の奮起にポチを頂ければ私も嬉しいです。
     ↓
もちろんポチ無しでも、\(^o^)/いつもご訪問有り難うございます〜。
このブログでは私の思っている事を本当に伝えたい事ちょっと伝えたい事に記載しています。
ご覧頂けたら幸いです。

[PR]

by rangefinder-love | 2016-06-20 21:59 | 本当に伝えたい事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hologon.exblog.jp/tb/24472366
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by takeuchi at 2016-06-21 17:56 x
色々な理由により、しばらく更新は辞めようと思った とのこと
お体でも壊されていたのか、心配しておりました。
貴プログ楽しみにしております。
Commented by rangefinder-love at 2016-06-21 23:32
> takeuchiさん
暖かいコメントありがとうございました。
体はここ2ヶ月壊したままです・・・。

もしかして私の知っているtakeuchiさんかな??
違うかったらごめんなさい。

期待に添えるかはわかりませんが、書きたいときに書く事にします^^;


<< scene1413:2016参...      scene1411:マントを付... >>