2015年 09月 15日

sence1178:歴代政権も「集団的自衛権の行使は憲法違反である」という解釈をしてきたのか?

e0253132_00003093.jpg
Nikon F100 + NIKKOR AF-S 50mm F1.8G
FUJICOLOR 業務用フィルムISO100
現像by自分(CN-16処理)
2015-08-30 福山市 鞆町
*写真を1クリックすると大きくなります。

遅くなりましが、思い出しました。


>また、歴代政権も「集団的自衛権の行使は憲法違反である」という解釈を60年以上にわたって堅持してきました。
→これも事実と異なります。
今の政権よりもっと集団的自衛権の活動内容を拡大解釈している政権は過去にありました。
 (すいません、その内閣を失念してしまいました。内閣名とその解釈内容も思い出したら修正します。)
  それにそもそも今回の安保関連法案はあくまで「集団的自衛権のこれまでより拡大解釈するための法案」です。

ここを今回修正します。

佐藤栄作首相の時の高辻正己さんという内閣法制局長官の時からガラッと憲法解釈を変えました。

戦後、日本国憲法を制定して以降、それまでは敵基地攻撃しても核武装してもいいんじゃないか?
自国を防衛するなら、そんなモノは自衛権なんだから戦争でもやってもいいんだ!!

という解釈だったです。(ほんとですよ。)

それが、彼の時に「集団的自衛権も含めて、本当は行使できる事なんだけど、やりません。」
って言ったのがキッカケです。

つまり、戦後と佐藤内閣以後はすごい解釈が変わってしまっているんです。
もう40年以上前の話です。

例えば、安倍総理のお爺さんの岸内閣の時(1957年〜1960年)に議員答弁の中で
「集団的自衛権とみなされるものであっても、自国の防衛の為のものだったら憲法の範囲のものである。」
という答弁があるんです。

それを元に戻しましょうというのが今回の法案なんです。

それなのに、戦後からこれまでがさも一貫していたみたいな言い方を反対勢力はしています。
成蹊学園の声明もそう。)

もう一度言いますが、事実と異なる話を書いてはいけません。

彼らは記憶喪失なのでしょうか??


それに、20年以上前に戻りますが1990年のPKO法案の時に社会党や日本共産党なんかは
「もう、日本国憲法守られていないんだ。これから戦争になるんだ!」って言っていたんですよ。

「それまで憲法守られていない!」って言っていた人が、今
「これまで守られてきた憲法が安倍総理によって踏みにじられようとしている!!」って言っています。

君たち、20年以上前に憲法守られていないって言ってたじゃないか!?
(その時のビラとか誰かネットでUPしてくれないかなぁ・・・。)

言っている事が彼らはコロコロ変わる事もここで追記しておきます。

彼らには本当に国民の生命財産を守る気なんてないんじゃないかと思います。

実際、共産党と社会党は拉致問題の時に非常に冷淡な対応をとっています。
土井たか子さんなんて拉致された家族が抗議にきたのを、北朝鮮に情報漏らした人ですからね。


ここまで読んでいただくと、現代史を学校でみっちり教わっていないという事はいかに恐ろしい事かという事がよくわかると思います。

これ知っていたら、彼らに扇動されてデモや集会を全国各地でやらないでしょう??

ネットの情報がすべて信じれるわけではないですが、TV新聞で書かれてある事が本当かという事は国民一人一人が注意深くチェックしないといけない世の中になっていますし、少しそれをやる事で昔よりわかるようになったのが今なので、これはチャンスと捉えてみなさん頑張りませんか??

本当に伝えたい事シリーズ」を一人でも多くの人に伝えたい。
 そんな思いで順位UPを願っています。
 その思いに賛同頂ける方は、ポチットして頂ければとっても嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 家族ブログ 仲良し家族へ
にほんブログ村

もちろんポチ無しでも、\(^o^)/いつもご訪問有り難うございます〜。

このブログでは私の思っている事を本当に伝えたい事ちょっと伝えたい事に記載しています。
ご覧頂けたら幸いです。

[PR]

by rangefinder-love | 2015-09-15 17:00 | 本当に伝えたい事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hologon.exblog.jp/tb/23675383
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< sence1179:現実を知っ...      sence1177:昨日は一日... >>