2015年 09月 09日

sence1172:安保関連法案が可決されて、何が変わるかご存知ですか??

e0253132_23310020.jpg
Nikon F100 + NIKKOR AF-S 50mm F1.8G
FUJICOLOR 業務用フィルムISO100
現像by自分(CN-16処理)
2015-08-30 福山市 鞆町
*写真を1クリックすると大きくなります。

もう、あんまりにもない事、ないことばかり好き勝手にメディアと安保関連法案反対団体がいうもんなんで忙しいけど、今日は書きます。

(今日はめちゃくちゃ長いです。最初にお詫びしておきます・・・。)



安保関連法案が可決されて、何が変わるかご存知ですか??

たぶん、きちんと答えられる方って殆どいないと思います。

すっきりするほど簡単に今日はお答えします。

そして、びっくりすると思います。






e0253132_23312293.jpg
Nikon F100 + NIKKOR AF-S 50mm F1.8G
FUJICOLOR 業務用フィルムISO100
現像by自分(CN-16処理)
2015-08-30 福山市 鞆町
*写真を1クリックすると大きくなります。

全く、なーーーーーーんにも変わりません。

嘘だと思うかもしれませんが、これは本当なんです。悔しいぐらい。

これが現実です。

例えば、仮に政治家が戦争したくても絶対にできません。

法律がそういう法律だからです。
そうなる恐れすらない、ザル法だからです。
(そもそも、憲法9条があるので相手が国だったら戦闘行為はできません。)

拉致被害者を取り返しにすらいけません。
北朝鮮のTOPが認めて13年経つのにです。

それは自衛隊が世界で唯一「ポジティブリスト」で動く軍隊だからです。

「ポジティブリスト」とは「国民の生命財産を守るために軍隊はこれだけはしてもいいよ。」リストです。

日本以外の国は例外なく、「ネガティブリスト」で動いています。

「降参した相手は殺してはいけない、拷問してもダメ。でもそれ以外は国民を守るために全てしなさい。」

というのが本来の軍隊の姿です。

毎回、海外に自衛隊を海外に派遣する時(PKO法案のように)に国会で審議しますよね。
これこそがポジティブリストです。

だから、サマワや世界中も海上で自衛隊が他の国の軍隊に襲われたとします。

その時、指揮官は六法全書のような分厚い自衛隊法のリストをパラパラとめくって
「こんな時は攻撃していいんだっけ??  あー!あった!!」

って言っている間にみんな殺されています。

しかも全ての場合に対応するためにはリストが一兆ページあってもたりない事はお分かり頂けるはずです。

もう一つ例を。

例えば、私が会社にいるといます。
私がこんな記事ばっかり書いているから「けしからん!」と外国の軍隊が会社に乱入して私たちを殺そうとします。

警察に110番して、どうやら外国の軍隊という事がわかり、政府に連絡が行きます。
(警察の装備では軽機関銃などをもった軍隊には太刀打ちできませんからね。)

そこで政府はその国のTOPに確認します。
「あなたの国の軍隊が国の意思として自由時間さん達の命を狙っていますか??」

たまたま、そのTOPの機嫌が良くて、「そーだよ。」と答えてくれるとします。

そこで初めて!!

なんと閣議が開けれます・・・。

大臣が全員「自衛隊動いてもよし!」という意見で一致したら初めて動けますが、
例えば、与党である公明党は平和の党を謳っていますで、太田国土交通相が反対すると
安倍総理は太田国土交通相を更迭して、別の人を大臣に指名するか、総理みずから大臣を
兼任してもう一度閣議をかけて、全員一致で賛成したら動けるのですが、
ポジティブリストを元に自衛隊の行動は制限されます。

というか、閣議が決定した時には私は丸焦げになっている事でしょう。

恐るべき事に、これが自衛隊の実情なのです。

ポジティブリストがあるがために自衛隊の方々はなにもできない。
これがどういう事かというと、攻撃は最大の防御なので、世界で最も隊員のリスクがある軍隊が自衛隊なのです。

安保関連法案どころの問題ではありません。
だから「安保関連法案が自衛隊を危険にさらす」という、反対論者の言葉は上辺だけの言葉なのです。

だから、自衛隊を危険にさらしたくなかったら、そもそもネガティブリストにしないといけないのです。

*今国会でも「ポジティブリスト」の話はでました。でも出ただけです。これを変えるとなると、ますます「軍部の暴走がぁ〜!!」と反対論者が騒ぎ立てるのはわかりますよね?

拉致問題の話に話を戻すと、
例え、安保関連法案が可決されても日本の自衛隊はこれまで通り何もできない。

だから北朝鮮も本当にお金に困るまで返さない。

これが変わって、
「交渉に応じなければ助けに行くために軍隊を派兵するぞ!」
と言って初めて北朝鮮は交渉にのってくれます。

安保法制が成立させても、憲法9条と自衛隊法が改正されてネガティブリストで動ける軍隊に変わらない限り拉致された日本国民は帰ってこない。

そのためのまずはの「安保法案」です。

成立しても日本は何もできないと言う事は世界各国がわかっています。
(日本人よりも)

そんな法律ごときで、それでも大騒ぎになっている日本をみて、特に中国、韓国、北朝鮮、ロシアといった日本と領土問題を抱えた国はせせら笑っているのが現状です。

武力が背景にない外交は無意味なことを歴史と戦後の日本が証明しています。

「では拉致被害者は特別だから・・・。」でしょうか?

拉致被害者は私達と同じ日本国民です。

国民の生命財産を守るのが「国家」です。

そのために国がありますし、それができないのであれば国家である意味がありません。

普段一見平和な日本に住んでいる為、その事を気づかないだけです。

高級魚が多い尖閣諸島の海上が中国に実行支配されて、石垣市の漁民の生活は奪われたままです。
(その事を石垣市の中山市長は東京にきて必死に訴えていますが、メディアは尾長知事の事ばかり取り上げるのみ)

竹島周辺も占拠されたままで、尖閣諸島の漁民と同じく隠岐の島の漁民も生活も奪われたまま。

彼らは日本国民ではないのでしょうか?


国会周辺や日本全国で安保関連法案反対のデモ・集会を開いている人は戦争反対、平和大好き。

それは、私たち安保関連法案賛成論者も同じです。

つまり、私もデモの人達もアプローチは真逆でも同じ事を願っていると言う事だと思います。

また、安保法案を通そうと思っている政治家は戦争をやりたいのかと言うと、
そうではない事もみなさんお分かりかと思います。

だからこそ私たち賛成論者は戸締りをしっかりし、盗んだりしたら痛い目にあうぞ!
という状態にして泥棒から守るように日本もしたいだけです。


不安を煽るかのように言われる「徴兵制復活」にもなりません。

アメリカもベトナム戦争に負けてから反省して徴兵制にしていません。
ハイテク兵器を2〜3年の徴兵制では習得できず、徴兵制の兵士では全く使い物にならないからです。
さらに、徴兵制にすると国防費が莫大になり、その財源確保の為に国民皆保険も年金もなくなります。

だからそもそも徴兵制にする必要も全くないし、今の日本ができるわけないのです。

全部ありもしない事を反対派は、現実的に無理な事をイメージ戦略で何も知らない大多数の日本人に植え付けている事に、失望とそして「恐怖」を感じます。
反対派勢力の背後に糸を引く、チャイナ、韓国、北朝鮮の異常なまでの執念と恐怖をです。

e0253132_23315889.jpg
Nikon F100 + NIKKOR AF-S 50mm F1.8G
FUJICOLOR 業務用フィルムISO100
現像by自分(CN-16処理)
2015-08-30 福山市 鞆町
*写真を1クリックすると大きくなります。

↑実際クリックして見て見てください。上手に作っています。

すごく簡潔に書かれてわかりやすく何も知らない人が読んだら反対だと思っちゃいます。
ですが、書いている内容は全て嘘。全て事実と違う事です。

<安全保障関連法案に反対する成蹊学園有志の声明>紫色の文字は私の反論です

今、国の内外で日本が「戦争しない国」から「戦争する国」に変わってしまうのではないかという不安が渦巻いています。
→そういたずらに不安がらせているのはまぎれもない貴方達反対論者です。「戦争できない国」から「戦争できない国」になるだけです。
そもそも、総理自ら戦争しないし、憲法上できないと言っているのに、(言っていたら別ですが)なぜそんなに戦争できる恐れがあるといえるのでしょうか?
それは、多くの人々が、安倍晋三内閣が国会に提案した安全保障関連法案は、アメリカなど他国が海外で行う軍事行動に日本の自衛隊が協力していくことを可能にするものであり、これまで、「専守防衛」の名のもとに極めて限定的にしか行われてこなかった自衛隊の活動の範囲を、時の政権が「存立危機事態」と判断すればどこへでも拡大できるようにするものであると考えているからです。
→上に書いた通り、ネガティブリストがある限り何もできません。そもそも憲法上戦争できないでしょ?
しかも、この法案の前提になっている集団的自衛権の行使については、圧倒的多数の憲法学者が「憲法違反」との見解を示しています。
→日米安保条約は立派な集団的自衛権です。それと国連に加盟する限りは国連の憲法「国連憲章」に書いてある通り、「加盟国は空軍の待機部隊を持たなくてならない。」という集団的自衛権の義務をすでに日本は違反している国です。
さらに、憲法学者がいくら言おうがあくまで学者です。
自衛隊ができる時には憲法学者は自衛隊自体が違憲と言っていましたが、今は「それは置いておいて・・・。」になっていますよね?学者の意見も変わっていっているです。
そして安保関連法案の賛成論者の学者もちゃんといます。
さらに、なぜ自民党推薦の憲法学者までもが違憲と言ったかは、
をご覧ください。これでそのカラクリがよくわかるとおもいます。
また、歴代政権も「集団的自衛権の行使は憲法違反である」という解釈を60年以上にわたって堅持してきました。
→これも事実と異なります。
今の政権よりもっと集団的自衛権の活動内容を拡大解釈している政権は過去にありました。
(すいません、その内閣を失念してしまいました。内閣名とその解釈内容も思い出したら修正します。)
それにそもそも今回の安保関連法案はあくまで「集団的自衛権のこれまでより拡大解釈するための法案」です。
そうした従来の政府解釈を安倍内閣が一片の閣議決定で覆したことで、権力の暴走を阻止して法的安定性を担保してきた日本の立憲主義­が危機に追いやられています。
→その立憲主義の上で民主的な選挙を通じて自民党が先の衆院選で大勝しました。
 それも、集団的自衛権が閣議決定された後の半年後の消費税増税引き上げ延期問題で解散した後の選挙でです。閣議決定もされているので、当然国民は事前にこうなる事も知らされていましたし、自民党の公約にも当然ながら乗っています。これを権力の暴走というのでしょか??
この安全保障関連法案がそうした無理の上に提案されている以上、国会での審議が進めば進むほど法案への人々の不安と疑念とが増しているのは当然の結果だと言わなければなりません。
→何度でも言います。だからあなた方が煽っているでしょう?
 安倍晋三首相が卒業した成蹊学園は、他の学園と同じように、かつて少なからぬ同窓生を戦地へと送り出した歴史をもっています。私たち成蹊学園有志は、安倍首相が、次代をになう若い世代を再び戦地に送らないために、そうした痛恨の歴史に学び、平和を求める多くの人々の声に謙虚に耳を傾けて、安全保障関連法案を廃案とすることを切に望むものです。
→ここは一箇所だけ間違っています。誤:「廃案」 → 正:「賛成」です。
 備えある国家には戦争を仕掛けるにはリスクが伴います。
 備えある国家に現憲法下で少しでもするため抑止力を作る為の安保関連法案です。
 そして国民の理解が深まり、やがての憲法改正して初めて他国と同じ本当の備えある国家になります。
 憲法改正は時間がかかる。
 でもそこまで中国始め待ってくれない。だから現憲法下でやるしかないのです。

 念のため言いますが、憲法改正して9条がなくなっても日本は海外で戦争する国にならないです。
 海外でわざわざ戦争するお金があったら年金と国民皆保険の充実をします。
 あくまで9条廃止にする事により、国を守る為なら戦う国家と名実ともに世界に示せて初めて
 他国からの侵入を防げます。拉致問題のような悲劇が起きません。イスラム国も反撃してこない
 日本は怖くないけど、必ず取り返しにくる国の国民と分かればリスクを冒して誘拐殺害しません。
 それ以外の国を狙います。
(他の国の外国人記者も殺されていますが、地上部隊を出した国には面倒なのでそもそも狙いません。)
 さらに、イラク戦争を反対したフランスのように行動もできるのです。
 力を持っていなければそういう意思すら示すことができません。
 (アメリカの政策に反対したら、そもそも守ってもらえなくなるかもしれませんからね。)

しかし、大学のおエライ教授たちが言っているんだから間違いないと普通思いますよね。
とても煽動するのがうまい文章ですね。
そこだけ見習いました・・・。



安保関連法案反対の集会・デモに参加していた多くの人が「私」と同じように
戦争反対!平和な日本を守りたい!という思いで集まった方が非常に多いと思います。

ですが、その企画・運営・資金提供をしている中心人物がチャイナ、韓国、北朝鮮、日本のメディアをはじめとする日本に守りを少しでも固めてほしくない団体の肩代わりを結果的にしてしまっている事に恐怖を感じてなりません。

ほんと、戦争の無い、平和な日本を子孫の為に残したいですね。
(そのためにも、誰からも責められない強い日本にしないといけないですけどね。)

はーーー。少しスッキリしました・・・。

ご理解いただけましたでしょうか?
そして、私がなぜイライラするかわかりますよね・・・。
(こんなにないこと、ないことを日本中で言われたら・・・。)

さらに、日本が他の普通の国と同様の安全保障体制を持つようになるのがいかに困難なのかも・・・。

最後にもう一ついうと、繰り返しになりますが、日本は朝鮮戦争の時から世界が認める
集団的自衛権を持ち、実行している国家です。

今回話がバックして集団的自衛権自体がNOのような風潮になっています。

仮に集団的自衛権を日本が行使できないとしましょう。
そうなると、集団的自衛権の行使で成り立っている日米安保条約は解消です。
もともと義務違反をしているような国連も脱退しないといけません。

国連加盟国だから、問題があった時は集団的自衛権で日本をも守ってくれます。
だた、常任理事国のうちの中国、ロシアは日本に敵対する国なので拒否権を行使してくるので
国連では集団的自衛権を発動して日本を日本と一緒に守ってくれません。
そうなるとアメリカですが、安保条約がないので当然守ってくれなくなります。

なので、現状の日本を独力で守る事になります。
現在国防費は年間5兆円ですが、「現状と同じ専守防衛をするだけ」で、
さらに20兆円は最低必要になります。
だたアメリカの核の傘がないので、日本も核装備せざるを得ません。
上記プラス核開発費と維持費がかかります。

そうなると年間30兆円以上の国防費をどうやって捻出するのでしょうか?

消費税が1%あげると税収が2兆円増えるので核装備なしでも今の消費税を
18%にしないといけません。
そうすると個人消費が落ち込み、景気が悪化。
企業が法人税を納税しなくなり消費税あげる前より税収が減るので消費増税では
まかなえません。

そうなると、国民年金と国民皆保険廃止にしないと財源がまかなえません。

年金受給者は死んでくれ。病気したら死んでくれ。
という政府でいいなら、そこまでの覚悟があるなら集団的自衛権反対と言っていいですが、
この事をわかった上言ってもらいたいものです・・・。

↑これはシミュレーションではありません。誇張でもありません。
 事実を述べたまでです。私も書くからにはキチンと事実関係を調べた上で書いています。
 安保関連法案反対論者とはちがいますので・・・。

はーーー。全部言った・・・。
今回の内容は通常の「本当に伝えたい事」3話分に相当します。
最後まで読んでいただいた皆さん、本当にありがとうございました。

これで忙しくてかけていないと言っていた「本当に伝えたい事」シリーズの
7つ記事のうち1つがようやく書けました・・・。


本当に伝えたい事シリーズ」を一人でも多くの人に伝えたい。
 そんな思いで順位UPを願っています。
 その思いに賛同頂ける方は、ポチットして頂ければとっても嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 家族ブログ 仲良し家族へ
にほんブログ村

もちろんポチ無しでも、\(^o^)/いつもご訪問有り難うございます〜。

このブログでは私の思っている事を本当に伝えたい事ちょっと伝えたい事に記載しています。
ご覧頂けたら幸いです。


[PR]

by rangefinder-love | 2015-09-09 17:00 | 本当に伝えたい事 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://hologon.exblog.jp/tb/23654304
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by モスビー at 2015-09-09 18:46 x
解りやすい解説ありがとうございます!
自分が反論すると言いたいことが多すぎてうまくまとめられないんです
とても参考になります

しかしほんとにイライラしますね
根拠のないことをベラベラと…
賛成の意見やデモの様子はまったく報じられないですからね
腐りきったメディアにうんざりです

全然報道されていませんが、この前沖縄で保守の市長さん達と菅官房長官が会談してましたよね
反日知事と名護市長のことばかり報道して完全に偏向報道です

放送法違反に厳しい罰則を設けたいんですがそうするとまた言論の自由の侵害だといって騒ぎだす連中がでてきますね
言論の自由ってのは嘘を言ってもいいということではないんですがそんなこともわからないんですかね?
すいません、ちょっと怒りが抑えきれなくなり長くなりました!
Commented by rangefinder-love at 2015-09-11 08:53
> モスビーさん 嬉しいコメントありがとうございます。^ ^
市長さん達と会談は私知りませんでした。情報ありがとうございます。
色々毎日ストレス溜まるような報道多いですが、モスビーさんみたいな方がいらっしゃるのが救いです。m(_ _)m
これからもお互い発信していきましょう。
まずは自分の周りから…。
Commented by よーいちろー at 2015-09-11 19:15 x
僕は不勉強かつ無責任な人間なので、これまでこのシリーズにコメントせずにいましたが、
それでも今の日本が「平和ボケ」しているということだけはずーっと不安に感じていました。
そもそも「守られている」自覚がないし、「半径5mの平和」が地球規模の力の均衡の上に危ういバランスで保たれていることに気づいていないのではないか。
自分の今いるやわらかな幸せが、世界全体に行き渡れば戦争も軍隊も必要ない、という楽天主義の中には、その当たり前の幸せを世界中に敷衍するということ=自分が享受している食・経済・教育を含めたいわば「既得権」を捨てる覚悟が必要なんだという自覚が全くないと思います。
日本人が何となく幸せなのは、世界の他の地域に、とても貧しい人、とても苦しい人、喰うのもやっとという人たちがいて成り立っているという事実。さらにいえば国内においてだって、福島や沖縄の人が苦しんでいるからその他の地域の人たちが安穏としていられるのだということ。
そしてその不平等を不平等のままに永らえさせる仕組みが、政治力というものなのでしょう。
政治力には極論すれば経済力と軍事力の2つの切り札しかないわけで、金か力で他を圧するしかない。
これは動かしがたい事実ですよね。ご近所さんの紛争ならそこに言葉による説得力とか、交渉力も加わってきましょうが、国家間ではそんなことは通用しないのだ、ということが分からない人は、はっきり幼稚だと思います。
安倍首相がこれだけ非難を浴びながら、しかも自由時間さんの書かれたように「何も変わらない」ことを知りながらこの法案を押し通すのも、日本人にそのことをもっと自覚してほしい!!このままでは日本はいずれ三流国家に転落するのだ!という警鐘をならしたい、という思いが強いのではないか、なんて考えてます。
かなり間違ったことを書いているかもしれませんが、僕は戦争反対だけれど安倍総理の「思い」みたいなものには乗っかってみたい...そんな風に思います。
Commented by よーいちろー at 2015-09-11 19:23 x
長々書いて、さらにもうしわけありませんが、僕は日本人だけが世界的に既得権を守るべきだとは思っていません。
むしろ、「守られていること」に無自覚な人たちは、ゆっくりとそれを失って最終的には丸裸になってしまえばいいのだ、ぐらいに過激に考えています。
たまたま平和な国に、平和なタイミングで生まれてきた僥倖を、当たり前のものだと思っているのはいけないのではないかと思っています。
だから感謝して、勤勉さを守り、時には人に幸せのお裾分けをする。困っている人はできるだけ助ける。僕の考える平和主義はそんな感じです。かなり浅いですが...。
Commented by rangefinder-love at 2015-09-13 18:00
>よーいちろーさん このシリーズに始めてのコメントありがとうございます。そして大歓迎します。

>政治力には極論すれば経済力と軍事力の2つの切り札しかないわけで、金か力で他を圧するしかない。
これだけではありませんよ。(多分)
徳があります。そして日本人特有の「和」の力。
金と力だけでは世界からの尊敬は受けられません。政治も各国の政治家同士の付き合いからですから
それだけではない日本人の文化、精神が世界中の人から尊敬され、模範になることで政治力を発揮できる場合があります。
具体例は本当に伝えたい事シリーズ1個分の相当するのでここでは書きませんが、多分知ると「そんな事があったのかぁー!」とビックリ仰天する事になると思います。なにせ国を建国する時、日本がモデルになっている国が沢山あるのですから。イスラエルとかもそうなんですよ。

>だから感謝して、勤勉さを守り、時には人に幸せのお裾分けをする。困っている人はできるだけ助ける。僕の考える平和主義はそんな感じです。
ぜんぜん浅くないですよ。これこそ、私たち日本人がもっている他国の方にはもっていないものです。
これは日本人が優秀なのではなく、「文化の違い」なんです。
言っている意味がわからないかもしれませんが、それが理解できる、是非オススメしたい本があります。
(本当はブログでも紹介したいのですが、今、時間がなさすぎるので・・・。)

「日本人の原点がわかる「国体」の授業」
http://www.amazon.co.jp/日本人の原点がわかる「国体」の授業-竹田-恒泰/dp/4569809286

昨日読んだんですが、2〜3時間あれば読めちゃう本です。きっと感動すると思いますよ。
日本人のルーツがわかります。是非。よーいちろーさんの様々な疑問にもっている事が音を立てて崩れていく事間違いナシです。^^


<< sence1173:いつかはヨ...      sence1171:こうして歴... >>