2015年 08月 15日

sence1147:安倍談話について。敗戦の日に思う事。

e0253132_14392376.jpg
FUJIFILM X-E2 + FUJINON XF
35mm F1.4R 
2015-08-15 リョウタロウがジュンノスケを抱っこしたいといったので・・・。
*写真を1クリックすると大きくなります。

昨日、私が出す事自体反対だった、70年談話が発表されましたね。

それについて、今日は、私の思うところを1点だけ書きたいと思っております。

最初になぜ反対だったかということを述べたいと思います。

それは、安倍総理が決心すれば、安倍総理が考えている本音や、言いたい事を言える状況だったら別ですが、実際は全くそうではないからです。

なぜなら特定秘密保護法案を審議するだけで、
「もう自由に映画や小説が書けない日本になる。」とメディアが報じたり、

安保法制案も安倍首相は本当は憲法を変える為ににやっているのに、
(本人は明言し、その為に再登板しているのにかかわらず)

「この憲法は守りますから、大丈夫ですから、この法案を通してください。」
と、言わざる終えないのが今の日本の政治情勢であり、法体系であるわけです。

だから、談話を出したら奇妙な内容になる訳です。

このことは私が支持する独立総合研究所社長 青山繁晴氏も、政権内部に今週火曜日に再度意見を言われたらしいですが、その際に以下の事を言われたそうです。


公明党に妥協して文章を作るんじゃない。
とにかく安保法制案と一緒で、最悪の状態から半歩でも前に出るべきだ。

安倍政権が出さないと、結局小泉談話も村山談話と同じだから、常に小泉談話を
飛び越して村山談話が話される。
その状況がずっと続くよりは、少しマシにしたいんだ。

だから例えば「侵略」というものも、日本の戦争には触れるけれども
人類全体にとって悪いことであり、「お詫び」というのも例えば村山談話を引用したりする。
そういう手段を使って、全体としては拡張の高く、日本だけを悪者にしない談話にするから(青山さんも)納得してほしい。

と言われたそうです。

ただし、青山氏は当然納得しておらず、村山談話を引用するという姑息な手段を使うと、余計に村山談話が意味のあるものとなってしまう。だから以前として政府と自分の中では考えに隔たりがあると、青山氏は番組で発言されていました。

でも、どうして青山氏がこの事をメディアで打ち明けたかと言うと、
ただ単純に安倍総理が公明党に妥協して、(例えば来年夏の参議院選挙を気にして)
この談話になったのではないということを伝えたかったとの事でした。
(虎ノ門ニュース8時入り! 8/13放送より)

私がなぜこの事をブログで書いたかと言うと、実際にメディアでは公明党に遠慮して・・・。

と事実と異なる内容になっているからです。

首相、持論抑え「おわび」加筆 戦後70年談話  支持率低下、安保法案が影
 


さて、今回の談話と村山談話を見比べてみましょう。

安倍談話 全文
村山談話 全文

ずいぶんと内容が改善されたのがわかるかと思います。

この内容は有識者の会議も経ているのはありますが、実は青山繁晴氏の提案も
ずいぶん入っているのが、以前からの青山氏の発言からうかがえました。

例えば、最初の満州事変からの下りは、実は民主党政権の時に天皇陛下がご発言された
内容に似ています。

青山氏は以前に政権中枢にこの天皇陛下のお言葉を参考にすべきと提言されていました。

政府としても現在に配慮しながら、苦渋の選択の中で一言一言言葉を選ばれたのが
わかりました。

一文一文、実は突っ込みいれて書きたいのですが、実は私の時間がありません・・・。

だから、今日は1件だけ書きたいと思います。

それは私が最も書いてほしかった文言についてです。






e0253132_14411392.jpg
FUJIFILM X-E2 + FUJINON XF 35mm F1.4R 
2015-08-15 
左よりの思想の中国新聞
―歴代の「おわび」踏襲―
この文字に抜けている言葉がある。
冒頭に「やったぁ~!」である。

*写真を1クリックすると大きくなります。


<記事抜粋>
戦後七十年にあたり、国内外に斃れたすべての人々の命の前に、深く頭を垂れ、痛惜の念を表すとともに、永劫の、哀悼の誠を捧げます。
先の大戦では、三百万余の同胞の命が失われました。
祖国の行く末を案じ、家族の幸せを願いながら、戦陣に散った方々。
終戦後、酷寒の、あるいは灼熱の、遠い異郷の地にあって、飢えや病に苦しみ、亡くなられた方々。
広島や長崎での原爆投下、東京をはじめ各都市での爆撃、沖縄における地上戦などによって、たくさんの市井の人々が、無残にも犠牲となりました。

さらっと一行だけ書いていますが、私たちの為に戦った日本兵の事です。

「祖国の行く末を案じ、家族の幸せを願いながら、戦陣に散った方々。」

この言葉です。

戦後教育では一貫して、日本兵の事を悪の象徴のように教えられてきました。

私はその教育に疑問を感じ育ちました。
「自分たちのおじいちゃん達の世代の人たちがそんな事をする訳が無い。」

今でも、私がこういった話を老若男女、様々な方にする際に一番障害になるのが
「でも、自分たち(日本兵)も悪い事をしたから・・・。」という自虐史観を払拭するのに一番労力を裂かれます。
(時間さえあれば、その方たちの疑問に答える自信と知識はあるつもりですが、
 そんなお互いに時間ってないですよね。)

e0253132_14434143.jpg
FUJIFILM X-E2 + FUJINON XF 35mm F1.4R 
2015-08-15 ジュンノスケを抱っこできてうれしそう^^
*写真を1クリックすると大きくなります。

彼らの名誉を内閣総理大臣として回復してくれた事です。

*この記述には少し硫黄島の兵士達の事を記述されているような気がしました。
(その理由は私のこちらの記事をご覧ください。)

談話の内容に関しては、私自身も満足行かないところが多分にありますが、
今日、改めて安倍談話を聞いて、村山談話と見比べて少しだけ救われた気がしました。

今日はこれから福山の花火大会です。

その花火をリョウタロウと見ながら、祖国の行く末を案じ、家族の幸せを願いながら、戦陣に散った方々の事に思いをはせたいと思います。

本当に伝えたい事シリーズ」を一人でも多くの人に伝えたい。
 そんな思いで順位UPを願っています。
 その思いに賛同頂ける方は、ポチットして頂ければとっても嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 家族ブログ 仲良し家族へ
にほんブログ村

もちろんポチ無しでも、\(^o^)/いつもご訪問有り難うございます〜。
このブログでは私の思っている事を本当に伝えたい事ちょっと伝えたい事に記載しています。
ご覧頂けたら幸いです。



[PR]

by rangefinder-love | 2015-08-15 17:00 | 本当に伝えたい事 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://hologon.exblog.jp/tb/23563674
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by g_voyageur at 2015-08-16 01:39
まあ完璧とは行かないまでも過去のものと比較すれば前進したと捉えていいのではと思います。
この流れがこの後にひっくり返されては意味がありませんので安部さんの後の方が大事になってくるとは思いますが、
誰となると名前が浮かばないのが現実です。
Commented by YOU at 2015-08-16 08:26 x
青山氏、櫻井氏ら参加の平和安全法フォーラムを動画でみました。終戦記念日だからということではなく、今一度過去の振り返りを通して今後の日本の進むべき将来を再考する良い機会になりました。安保法は戦争を肯定するものでは決して無いと信じてます。
Commented by モスビー at 2015-08-16 08:38 x
なかなか思い通りにはいかないですからね…
国内の悪意のある反対勢力をどうにかしたいですね。
80年談話でも前に進めればいいんですが、個人的には10年ごとに談話出す必要はないと思います。

全然関係ないですが中國新聞懐かしいです!
うちの実家は山陰中央新報でした
Commented by rangefinder-love at 2015-08-16 14:05
> g_voyageurさん
もうソロソロポスト安倍が出てきてもいいですよね。
個人的には次の総理は菅官房長官でその次は稲田朋美政調会長を期待してます…。
Commented by rangefinder-love at 2015-08-16 14:16
> YOUさん
青山さんのところだけ見ました^ ^
随分勉強熱心ですね^ ^
でも信じるも何もないですよ。
正直に申し上げますが、あんな法案で何もできません…。
また今度その事は書きますね。それも今書こうとしている中の一つです^^;
Commented by rangefinder-love at 2015-08-16 14:18
> モスビーさん
私も同意見です。
次は出すなら次は100年。
これで終わりにしてもらいたいものですよね。
山陰ですかー。多分どちらも共同通信の記事を買っているんでしょうね。


<< sence1148:福山の花火大会      sence1146:滑るぜ!! >>