2015年 06月 05日

sence1075:翁長知事、李克強首相と会談するも尖閣諸島の問題に触れず・・・。

e0253132_00414828.jpg
Leica M7 + Summilux 50mm F1.4 ASPH.
FUJICOLOR 200 現像by自分
2015-02-15  吉祥寺
*写真を1クリックすると大きくなります。

最近ブログに関してはフラストレーションが溜まっています。

理由は「本当に伝えたい事シリーズで書きたい事が山のようにあるのに書けない事。

ほんと、仕事にしたいぐらいです・・・。

・安倍演説が実現するまでの感動する裏話から日本とアメリカとの評価の違い。
 歴史的日本外交の大勝利と中韓の半日ロビー活動の大失敗。

・安保法制に関する事。野党の一見鋭いツッコミに見えるように勘違いされるけど
 実はくだらなすぎる民主党の国会質疑の内容。
・歴史を知れば実に滑稽なまでの今の共産党の国会での国会質疑。
・そもそも肝心な内容に触れない与野党議員達。

・日本では成果があったと報道されている翁長知事のアメリカ訪問の大失敗。

・いよいよ大詰めのTPPとアメリカで公開された恐るべき交渉内容。
 
・AIIBと中国旅客船沈没事故から思い出す中国高速鉄道の隠蔽体制の問題点。

・佳子さまの宮中晩餐会の内容を報道したNHKの自虐史コメント。

・・・・。
やばい、題名だけかいていてもあと30分はかかりそうなのでやめます。
ほんと毎日毎日盛りだくさんのニュースがあります。

今日はちょっと前の話ですが、やっぱり一言だけ放っておけない、
かつ簡単にかける事を紹介します。




e0253132_00440589.jpg
Leica M7 + Summilux 50mm F1.4 ASPH.
FUJICOLOR 200 現像by自分
2015-02-15  吉祥寺 Dans Dix ans(ヨメの元職場)
*写真を1クリックすると大きくなります。

沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事は20日、東京都内の日本記者クラブで会見し、4月に中国・北京で李克強首相と会談した際、尖閣諸島(同県石垣市)の問題に触れなかったことについて「私の持ち時間は10分。経済交流などの話だけで終わった」と説明した。

司会者から「次に会ったら懸念を伝えるか」と問われると、翁長氏は、米中枢同時テロの際に沖縄の観光客が激減したことを紹介しながら「石垣観光は大変順調だが、いざこざがあれば落ち込む心配がある。平和的に問題を解決できないかという思いがある」と答えるにとどめた。

翁長氏は日本国際貿易促進協会(会長・河野洋平元衆院議長)に同行して訪中した。

出典:産経新聞 2015.5.20

では、この時翁長知事が話した「経済交流の話とは何か?」

那覇と福建省の間に定期航空便を開いてほしいと依頼し頭を下げました。

李克強首相は鷹揚に検討してあげるというようなニュアンスで回答しました。
要は、「翁長知事が日本政府に対して今みたいな姿勢を貫けば、考えてもよい。」
いうように聞こえます。

ところが、この定期航空便の話は翁長知事発信ではなく、福岡の中国総領事館の
中国側の人間が考えたアイデアなんです。

つまり最初から中国側の要望をさも日本側(沖縄)の要望に変えてあげるという
中国への肩の持ちよう。

それだけではなく、上の記事の通り、沖縄県石垣市尖閣諸島がこの会談の時点で
1週間連続中国の船が、しかもだだの漁船ではなく、中国政府の船が堂々と入ってきて
海上保安庁の巡視船に対して、

「我が国(中国)の法律を守りなさい!出て行け!!」
と言っています。

つまり、沖縄県の一部がもう中国だと中国側が言っている状況なんです。

それなのに、李克強首相にあった時にたとえ一言でも言わないんでしょうか??

さすがに中国・韓国よりの左派新聞ばかりの沖縄のメディアもこの事を
突っ込んだ時に回答した答えが、上記のとおりです。

沖縄県の一部が中国に奪われつつあるような状況が時間があった時に話す内容なのか?
そんな優先順位低いのか??
観光の方が優先順位高いのか?
そもそも奪われたら観光なんてできないはずだけど・・・。

ただ、翁長知事だけの責任では当然ないのです。

それを選んだマスメディアと国民の責任も大です。

例えば、NHK民放関係なくメディアは「米軍基地の74%が沖縄に集中している。」
とどこも報道しています。

先日のNHKの番組では74%の後に、「問題の根っこを見てみましょう。」
と言っていました。

ちょっと待ってください。この数字はマジックです。

実態は沖縄は22%です。
防衛相のHPにも載っています。←全体の面積から沖縄の面積を割り返すとそうなります。)
なぜそうなるのか?

米軍専用の基地と常に日米共同で使っている基地の面積と
沖縄の基地の面積の割合が74%ということです。
基地の数で言えば39%です。

逆に私がいった22%は上記プラス日米共同使用施設(b)
(日米地位協定2-4-(b) に基づいて米軍が一時的に利用可能な自衛隊施設)
をきちんと含んだ上で再計算すると面積で22%、基地の数で言えば25%です。


実は日本にいる米軍の主力は当然自衛隊を一緒にいます。
つまり日米共用基地なんです。
なぜならそれが「日米安保条約」ですから。

例えば、東京の近くで言えば横須賀アメリカ海軍基地と海上自衛隊は同じ基地にいるわけです。
横須賀だけでなく、厚木も佐世保もみんな共用・・・。
(↑これは2014年のデータ。現在は131箇所です。)

全ての共同運営している施設は母数に入れないでいかにも沖縄ばかりに
負担があるような報道をするメディア。

米軍基地全体における沖縄米軍基地の割合を施設数や機能で評価しなければ、
正確な表現ではありません。

そういうカラクリをわかっているのに、公共放送と称するNHKも自由なはずの
民放もそんな事をやると、翁長知事みたな知事が登場するんだと思います。

翁長知事だけを悪者にするのではなく、私たち全体の問題をここで変えないと
いけません。

もっというと、こういう事を国会で論議しているかと言えば、していない。

例えば
「74%集中してるんですから総理!」
なんて言ったら
「それは違うでしょう?」と総理は切り返さない。

切り返したら、また沖縄から苦情がくるかもしれないと思うからです。
(「粛々と進める」と言っただけで「上から目線だ!」といいますもんね。)



この沖縄の問題は事実を話し合いましょうという事だけなのに・・・。

イデオロギーとか主義主張の話ではないと思います。
(まあ、本当の事言えばそんな簡単な話しではないのですが、
 それはこの本を読めばわかります・・・。)

今日の話は
より参考にさせていただきました。

あ〜。結局作成までに1時間半ぐらいかかったけど、ちょっとだけスッキリしました。
^^;

「本当に伝えたい事シリーズ」を一人でも多くの人に伝えたい。
 そんな思いで順位UPを願っています。
 その思いに賛同頂ける方は、ポチットして頂ければとっても嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 家族ブログ 仲良し家族へ
にほんブログ村

もちろんポチ無しでも、\(^o^)/いつもご訪問有り難うございます〜。

このブログでは私の思っている事を本当に伝えたい事ちょっと伝えたい事に記載しています。
ご覧頂けたら幸いです。





[PR]

by rangefinder-love | 2015-06-05 17:00 | 本当に伝えたい事 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hologon.exblog.jp/tb/23213500
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by g_voyageur at 2015-06-05 17:19
帰国してからTVのニュースとネットの情報を比べられるようになり、偏向報道の酷さをこれまで以上に感じ憤りを感じております。
日本の政治は足の引っ張り合いマスコミは真実を報道せず、
有能な方から潰されていく・・・。
本当の日本の姿を取り戻さなければなりませんが、
それを考えるたびに無力な一個人だなということだけを実感してしまいます。
Commented by モスビー at 2015-06-05 20:21 x
そうなんですよ!
防衛省のホームページに載っているんですよね。
でもほとんどの人は知らない。
で、マスコミが偏向報道すればみんなそう思っちゃいますよね…
マスコミはこれからも姿勢を変えないでしょうから視聴者側の意識をもっと高めていかないといけませんね。
マスコミには期待できませんので。
Commented by rangefinder-love at 2015-06-06 16:13
> g_voyageurさん
テレビとネットを見比べるとは素晴らしいですね。
おっしゃる通りだと思います。
次書く内容は一個人という無力な存在ではなく、私達も出ることがある事をお話しさせていただきます。^_^
Commented by rangefinder-love at 2015-06-06 16:20
> モスビーさん
私やモスビーさんのような考えの人はまだまだ圧倒的、圧倒的少数ですよね。
一番の問題は実はこれなんですよねー。

できれば、フェイスブックなどで拡散頂ければ尚助かります。
よろしくお願いいたします(^O^)/


<< sence1076:なぜ「今」...      sence1074:いただきます。 >>