2015年 04月 09日

scene1018:天皇陛下パラオ訪問に際して④ パラオ ペリリュー島の戦い

e0253132_21552412.jpg
Nikon D70+NIKKOR AS-F Micro 60mm/F2.8 ED
2011-02-28 ハテノ浜 おそらくヨメ撮影(当時カノジョ)
*写真を1クリックすると大きくなります。 

天皇陛下が8〜9日の日程でパラオに行かれるのでそれに沿った内容を
数日かけておたえしようかと思っています。(今日はその4回目です。)

これまでの記事
も御覧ください。

昭和19(1944)年9月12日、ペリリュー島をめぐる日米の戦闘の火ぶたが切って落されました。
島に立てこもる日本軍10,500名。
対する米軍は、総員48,740人です。

火力に勝る米軍は、その日から、航空機と艦砲射撃によって、すでに補給を断たれた日本軍の数百倍の火力を小さなペリュリュー島に投下しました。

最初に米軍は、艦砲射撃と高性能焼夷弾の集中砲火を浴びせ、周囲のジャングルを完全に焼き払いました。
海上に築いた日本軍の防衛施設も、完全に破壊しました。
そして9月15日、「2、3日で陥落させられる」との宣言の下、海兵隊を主力とする第一陣、約28,000人が島に上陸を開始しました。

米軍の上陸用舟艇が、続々とやってくる。
島はじっと沈黙したままです。

米軍は、海岸に上陸し、そこに陣地を巡らしました。




e0253132_22391456.jpg
オレンジビーチ

そのときです。

突然の集中砲火が、米軍の上陸部隊を襲ったのです。
それまで、地中深くに穴を掘り、じっと時を待っていた日本軍が、満を持して反撃を開始したのです。

水際での戦闘は凄惨を極めました。
米軍の第一次上陸部隊は大損害を蒙り、煙幕を焚いて一時退却をしています。

この戦闘で、米軍の血で海岸が赤く染まりました。
いまでもこの海岸は「オレンジビーチ」と呼ばれています。

10月30日には米軍第1海兵師団が全滅しました。
米海兵隊の司令官はこの惨状への心労から、心臓病を発病して後方に送られています。
将官が倒れるほど、それほどまでに、すさまじい戦いだったということです。
この時点で3日で終わるとされた戦いは、なんと1ヶ月半も継続していました。

けれど、日本軍には、補給が一切ありません。
食料も水もない。
夜陰に紛れて、せめて怪我をした仲間のためにと水を汲みに行って米軍の猛火に遭います。
だから水場の近くには、日本兵の死体がかさなりあっていました。


日本軍の抵抗は次第に衰えを見せはじめます。
米軍の火炎放射器と手榴弾によって日本軍の洞窟陣地は次々と陥落していきます。

11月24日、日本軍は司令部陣地の兵力弾薬も底を尽き、司令部は玉砕を決定します。
中川州男隊長、村井権治郎少将、飯田義栄中佐が、この日、司令部で割腹自決を遂げます。

後に、玉砕を伝える「サクラサクラ」の電文が本土に送られました。
そして翌朝にかけて、根本甲子郎大尉を中心とした55名が、最後の突撃攻撃を敢行しました。

こうして11月27日、ペリリュー島は、ついに陥落したのです。
米軍の上陸開始から2ヵ月半が経過していました。

中川隊長の異例の奮闘に対して、昭和天皇は、嘉賞11度、感状3度を与えられています。
e0253132_22482346.jpg
中川州男大佐
明治31(1898)年1月23日生まれ
昭和19(1944)年11月24日戦死
享年47才

中川隊長は当初中川大佐でした。それが2階級特進して中川中将となられています。
いかに優れた戦略家であったかがこれだけでも伺い知れます。

もし今日の記事を見て気づかれた方がいるかもしれません。
実は、この戦いから日本軍の戦い方が一変します。

映画でご存知な方も多いかと思いますが硫黄島で栗林忠道中将がこれを実行しました。

さらに続く沖縄戦も牛島満中将がこの戦法をとっています。

地下深くに塹壕を掘り、本土への攻撃を1日でも遅らせる。

万歳突撃や自爆をすれば楽に死ねるけど、それはしない。
もっとも過酷な戦いを日本軍は選んだのでした。

本土への攻撃を1日遅らせるだけで、新しい命が生まれ、疎開する時間稼ぎができる。
自分たちはここで死ぬけど、本土で女と子供が生き残る。そこから祖国は蘇る。
だから1日でも戦おう、命ある限り・・・。

この話は以前記事にした
を御覧ください。
(見ていない方は必見です・・・。)

中川隊長以下、勇敢に戦い、散って行かれたみなさまに、あらためて黙祷をささげたいと思います。

明日は、日本人がパラオに遺したものを話したいと思います。

これまでの話はある記事を元に自由時間が再編集と私の意見を交えながら数日間記事します。
最後の日にその元記事をご紹介いたします。
(最初にご紹介するとごちゃ混ぜにになってしまうので・・・。)

「本当に伝えたい事シリーズ」を一人でも多くの人に伝えたい。
 そんな思いで順位UPを願っています。
 その思いに賛同頂ける方は、ポチットして頂ければとっても嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 家族ブログ 仲良し家族へ
にほんブログ村

もちろんポチ無しでも、\(^o^)/いつもご訪問有り難うございます〜。

このブログでは私の思っている事を本当に伝えたい事ちょっと伝えたい事に記載しています。
ご覧頂けたら幸いです。

[PR]

by rangefinder-love | 2015-04-09 17:00 | 本当に伝えたい事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hologon.exblog.jp/tb/22934063
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< scene1019:天皇陛下パ...      scene1017:天皇陛下パ... >>