2014年 08月 15日

scene780:「プレスコード」この言葉をあなたは知っていますか?

e0253132_23485481.jpg

Leica M9-P + Voigtländer NOKTON 50mm F1.1
鞆の浦 
*クリックすると大きくなります。

今日は69回目の終戦記念日ですね。

今日は「プレスコード」について書きたいと思います。

この言葉を知っている人がどれほどいるのか?
ちなみに私はつい最近知りました。

今日の話は8/15に書くと言うこともあり、とても大事な話です。
今日でもなくてもよいので、出来る限り最後までみてください。
これこそが日本の戦後の呪縛です。

今まで私は日本のメディアが中国の事を悪く言えない、本当の事を言えない理由は2つだと思っていました。

*ちなみに本当の事とは、例えば、新疆ウイグル自治区の東トルメキスタン人(ウイグル人)とチベット人をこの瞬間も殺しまくっています。
(もちろん現在の体制に反対する自国民も。)
 また、臓器売買なども含めて信じられないような事が中国では起きています。


日中間の政治レベルで、「日中記者交換協定」という中国に一方的に有利な報道協定を結んでしまったせいで、
記者の取材活動や執筆活動が大幅に制限されているため、誤報や意図的錯誤の多い記事となってしまう事。


ハニートラップ。これはどこのメディアだけでなくふつうの民間企業にもある話で、色仕掛けで現場の証拠を押さえて
中国に不利な事を言わせない口封じ。
(わからんでもないけど情けない・・・。)

とくに①に関しては
1968年に内容が修正され、その中の「政治三原則」が今の状態を使ったと行ってもいいだろう。
以下がその内容で第一第二原則が主に台湾の事。そして極めつけが第三の原則。

「中日両国関係が正常化の方向に発展するのを妨げないことである。」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(以下上Wikipediaより
この政治三原則と政経不可分の原則に基づいて日中記者交換を維持しようとするもので、当時日本新聞協会と
中国新聞工作者協会との間で交渉が進められているにも関わらず、対中関係を改善しようとする政府・自民党によって
頭ごしに決められたという側面がある。

日本側は記者を北京に派遣するにあたって、中国の意に反する報道を行わないことを約束したものであり、
当時北京に常駐記者をおいていた朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、NHKなどや、今後北京に常駐を希望する報道各社にも
この文書を承認することが要求された。

以上の条文を厳守しない場合は中国に支社を置き記者を常駐させることを禁じられた。 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メディアにとって、その国に支局をおけない事は放送局の存在にかかわる重大な事です。
だから絶対にそむけない。そして政府が決めた事なので、外交問題にも発展する。
これではメディアは何もできません。

私はこの問題があるからだと思っていました。

*ちなみに韓国は国策で芸能関係で売り込みに来ており、花王やロッテなどの反日の韓国企業が大口スポンサーとなり
 マスコミは、何も言えない。さらに国会議員の中に帰化した在日朝鮮・韓国人が大勢いるので政治的にも非常に困難な立場にある。

しかし、本当の問題はこれではない。おそらく、この「日中記者交換協定」が出来た原因も本日の本題の「プレスコード」にあると思いました。





e0253132_23480313.jpg
Leica M9-P + Voigtländer NOKTON 50mm F1.1
鞆の浦 
*クリックすると大きくなります。

プレスコード(Press Code for Japan)とは、大東亜戦争後の連合国軍占領下の日本において、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)によって行われた、新聞などの報道機関を統制するために発せられた規則(新聞紙法)です。

これにより検閲が実行されました。

正式名称はSCAPIN-33「日本に与うる新聞遵則」で、昭和20年(1945年)9月19日発令、
9月21日に発布されました。「日本新聞遵則」また「日本出版法」ともいいます。



このプレスコードに基づいて、主にGHQ批判、原爆に対する記事などが発禁処分に処されました。
占領後期になってからは、個人的な手紙などにも検閲の手が回ります。

この事実は当時の一般の大衆には知らされず、出版・報道関係者(学校の同窓会誌・村の青年会誌などのミニ・メディア関係者なども含む)以外に存在が広く認知されたのはずっと後になります…。

e0253132_11301725.jpg
趣旨

1.報道は絶対に真実に即すること
2.直接又は間接に公安を害するようなものを掲載してはならない
3.連合国に関し虚偽的又は破壊的批評を加えてはならない
4.連合国進駐軍に関し破壊的に批評したり、又は軍に対し不信又は憤激を招くような記事は一切掲載してはならない
5.連合軍軍隊の動向に関し、公式に発表解禁となるまでその事項を掲載し又は論議してはならない
6.報道記事は事実に即し、筆者の意見は一切加えてはならない
7.報道記事は宣伝目的の色を着けてはならない
8.宣伝の強化拡大のために報道記事中の些細な事項を強調してはならない
9.報道記事は関係事項や細目を省略する事で内容を歪曲してはならない
10.新聞の編輯に当り、何らかの宣伝方針を確立し若しくは発展させる為の目的で、記事を不当に軽く扱ってはならない


削除および発行禁止対象のカテゴリー(30項目)

これがエグイです。

次のような具体的な検閲の対象カテゴリーが30項目も規定されていました。
検閲では以下に該当しているか否かが調べられていたんです。


1.SCAP(連合国軍最高司令官もしくは総司令部)に対する批判
2.極東国際軍事裁判批判
3.GHQが日本国憲法を起草したことに対する批判
4.検閲制度への言及
5.アメリカ合衆国への批判
6.ロシア(ソ連邦)への批判
7.英国への批判
8.朝鮮人への批判
9.中国への批判
10.その他の連合国への批判
11.連合国一般への批判(国を特定しなくとも)
12.満州における日本人取り扱いについての批判
13.連合国の戦前の政策に対する批判
14.第三次世界大戦への言及
15.冷戦に関する言及
16.戦争擁護の宣伝
17.神国日本の宣伝
18.軍国主義の宣伝
19.ナショナリズムの宣伝
20.大東亜共栄圏の宣伝
21.その他の宣伝
22.戦争犯罪人の正当化および擁護
23.占領軍兵士と日本女性との交渉
24.闇市の状況
25.占領軍軍隊に対する批判
26.飢餓の誇張
27.暴力と不穏の行動の煽動
28.虚偽の報道
29.GHQまたは地方軍政部に対する不適切な言及
30.解禁されていない報道の公表

このプレスコードは、放送遵則と映画遵則もこれに準拠しました。
(つまりラジオ、TV、映画も駄目という事です。)


昭和27年(1952年)4月28日サンフランシスコ講和条約発効により失効されました。

e0253132_23491978.jpg

Leica M9-P + Voigtländer NOKTON 50mm F1.1
鞆の浦 
*クリックすると大きくなります。

しかし、その後もプレスコードは日本のメディアは守り続けています。

日本が独立できたからと言って、

「今までは、プレスコードがあったから、書けなかったけどこんな事があったんだ!」
「実際はこうだったんだ!!」

と言ってどうなるのでしょうか?

当時の政府からも圧力がかかったはずです。
なにせ独立したばかりです。
しかも沖縄はまだアメリカにとられたままです。
もし連合国を批判したら沖縄の返還はされる補償はどこにもありません。

奪われたままの北方領土は?シベリア抑留者は?
1年後に占領された竹島は?

いったいどうなるのでしょうか?
全て、プレスコードの禁止30項目に入っています。

やがて、1972年に沖縄が返還されました。

戦後27年間も経ってしまいました。
その間徹底的にGHQによって日本国民は洗脳されました。
私のブログに以前記事にしたGHQによるWGIP3S政策などもあります。

戦後直後からGHQの傘下にはいったマスコミは「日本が実は悪かった戦争だったんだ!」
と喧伝され、27年経ってからそれは実は違ったんだ!と言っても人は信じるでしょうか?

そして、もしプレスコードをやぶったら、どうなるのか??
だれもわかりまん。

すくなくとも日本にとって外交上よいことが起こるはずもありません。

マスコミも容易に想像できたはずです。
これを破ると日本で取材ができにくくなるという事も。

そして、現在、今この瞬間もプレスコードは生き続けています。


プレスコードがある限り、日本に報道の自由はありません。

そのためには国民一人ひとりがこの事実を知ることがまず重要です。

そして、首相官邸のHPにメールで送るなどして抗議を挙げるべきです。

こちらです。

この首相官邸のHPの「ご意見・ご感想」は政府はちゃんとみています。
そしてかならず返信がきます。(2週間ぐらいかかりますけど。)

そして、かなりこの意見は気にしています。

敗戦後もいまだ、GHQにコントロールされている事をまず知ることが必要だと思います。


*最後に偶然にも8/10のブログ ねずさんのひとりごと で
 「プレスコードの全面的見直しを」という記事が掲載されました。

ねずさんのこの記事はとってもわかりやすいのでクリックしてみて頂ければ幸いです。
(ねずさんにはこの事をお話して、ご了解を得ています。)

今日も最後まで読んで頂いて有難うございました。

明日は、夏休み企画の最後です。

このプレスコードと戦った、戦前最大部数を誇った新聞社の戦いとその後を書きたいと思います。

「プレスコード」知らなかった方、プレスコードの見直しを!と思って頂いた方は、
お手数ですが、リョウタロウのオデコに
ポチ頂ければとっても嬉しいです。

もちろんポチ無しでも、\(^o^)/いつもご訪問有り難うございます〜。

このブログでは私の思っている事を本当に伝えたい事に記載しています。
ご覧頂けたら幸いです。





[PR]

by rangefinder-love | 2014-08-15 17:00 | 本当に伝えたい事 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://hologon.exblog.jp/tb/22282573
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by akirasoftil at 2014-08-15 23:00
恥ずかしながらちっとも知りませんでしたし、びっくりです。
にわかに信じられないくらい(別に疑っているわけじゃないですよ^^;)のすごい事ですね。
Commented by rangefinder-love at 2014-08-15 23:15
★ akirasoftilさん コメント有り難うございます。はぁ〜、良かった。
昨日今日と全然コメントがなかったので、分かりづらいか、引かれているのかなぁと心配していました。

ちなみに、今日のTBSのニュース23ではプレスコードというか完全に反日放送をやっているようです。
http://bakankokunews.blog.fc2.com/blog-entry-3057.html?sp#On0X92l.twitter_tweet_count_m
Commented by 市川 at 2014-08-16 06:07 x
このプレスコードのために安倍総理も不自然な動きになっているのかも? あげあしをとられて大局を壊されないように。 何がどう関連しているのか我々国民には分からないけど・・・秘密保護のために知る必要もないのかも?
Commented by rangefinder-love at 2014-08-16 10:24
★ 市川さん コメント有り難うございます。あるでしょうね。特に安倍さんに関してはバッシングが多いので「日中記者交換協定」の方が強いかもしれませんね。しかし安倍さんの靖国参拝に関しては行きたくてもアメリカと中国、韓国の圧力が相当なものでこのせいで3月にはアメリカに4月には中国(親中派の国会議員)に首相辞任させられそうになったんですから相当なモノです。
Commented by voyagers-x at 2014-08-16 14:09

この様な事が合ったというのは一般の国民は知るすべが無いですね
すべてを知るという事はいつの時代も無理なのでしょうね
いつも水面下で密かにControlを受けているのでしょうね

Commented by rangefinder-love at 2014-08-16 23:12
★voyagers-x さん そうですよね。なのでやまと新聞を読めばわかるかも^^


<< scene781:やまと新聞を...      scene779:中学生の時に... >>