2014年 07月 27日

scene761:土用の丑の日の前に 〜あなたのウナギは大丈夫ですか?〜

DSC_1515-104

Nikon D7000 + NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
2010年 中華人民共和国澳門特別行政区

日本では古来、夏の土用の丑の日にはウナギを食べる習慣があります。

もともとの由来は、江戸の発明家、平賀源内で、商売がうまく行かない鰻屋が、夏に売れないウナギを何とか売るにはどうしたらよいかと源内に相談に行ったところ、源内が、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めた。
すると、その鰻屋は大変繁盛し、他の鰻屋も真似るようになったのだとか。

我が国でウナギを蒲焼きにして食べるようになったのがいつ頃からなのかは、よくわかりません。
ただ、万葉集で、大伴家持が歌に詠んでいるところから、食べる習慣は、かなり古くからあったものと思われます。

これが江戸城築城の頃、徳川家康が広大な湿地帯だった江戸を干拓したのですが、このために泥炭湿地がそらじゅうに出来ました。
で、どうやらそこにたくさんの鰻が住み着くようになったのだそうです。

こうして食べられていたウナギは、ずっと野生のウナギだったのですが、これが養殖されるようになったのが、明治24年、浜名湖が最初です。

国産の養殖ウナギは、県別の生産量は、鹿児島、愛知、宮崎、静岡、高知の順で、年間の国内生産高は約2万トンです。
ところが、国内で消費されるウナギは、年間15万トンです。
つまり、12万トン足りない。

その足りない分が、輸入で補われてるのですが、輸入先となっているのが、中国、台湾、ベトナム、タイ、マレーシアなどです。

問題は、その中の中国産のウナギ。

そう、今日の話題は何かとお騒がせの「中国産」。

その中でウナギについて書かしてもらいます。

なお、2014年の土用の丑は
冬 1月18日(土)、1月30日(木)
春 4月24日(木) ←ここまでは終わりましたね。

夏 7月29日(火) 【二の丑】はなし
秋 10月21日(火)、11月2日(日)

となっており、来週の火曜日が土用の丑の日となります。

もしウナギを食べたいと思った貴方、ちょっと待って下さい。

中国産(以下支那と呼びます。)のウナギを食べるならこの記事を読んでからちょっと考えて下さい。




DSC_1508-97

Nikon D7000 + NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
2010年 中華人民共和国澳門特別行政区

支那産のウナギは、実に肉厚です。
厚さが1cmくらいあったりします。
何も知らなければ、値段も安いし、肉厚だし、いかにもお買い得という感じです。

けれど問題は、なぜ肉厚なのか、です。
なんとウナギの養殖沼に、10cmくらい成長ホルモン剤を敷き詰めてウナギを成長させているのだそうで、おかげで、育てたウナギは、まるまると肥える。

ところがそのおかげで、現地では、6歳の子供にヒゲが生え、乳が膨らみ、続々と奇形児が生まれているのだそうです。
ですからシナの現地の人たちは、絶対に自分たちで作ったウナギを食べない。

それが続々と日本に輸入され、超肉厚の格安ウナギとして売られているわけです。
通関にも問題があります。
抜き打ち検査が行われるのですが、検査をされると、たいていひっかかってしまう。
支那人たちは、ひっかかった荷物は、素直に下げて、翌日の荷物で日本に陸揚げします。
要するに、検査が抜き打ちで単発なので、その場だけ、ひっこめれば、あとでいくらでも日本に陸揚げできるのです。

「日本人はスタミナがつくと夏にウナギを食べたがるが、スタミナどころか発がん性物質もついてくることがあるので、中国産はよくよく注意して食べた方が身の安全のためだ」――こう警告するのは、ある中国国務院関係者。

 のっけからおっかない話で恐縮ですが、この国務院関係者によれば、中国のウナギ養殖業者たちは、眼前の利益のために、迷わず違法行為に走るのだという。

「ウナギは中国人は食べないが日本に輸出すれば法外な値段で売れるため、『海の宝石』と呼ばれている。特に夏向けは需要が沸騰するので価格も急上昇する。それで使用が禁止されている孔雀石緑(マラカイトグリーン)と避孕剤(ピル)を水中にブチ込んで、大量生産するのだ。前者は成長促進剤で、後者は稚魚の病死予防用だ」

 日本の輸入業者は、「中国製ウナギは日本専用の養殖場で厳重な管理のもとで養殖している」と口を揃える。だが、その話をすると、この国務院関係者は一笑に付した。

「日本の業者が出張してきた時に、『危険薬品は一切使っていません』と申告し、日本人もそれを信じているだけのことではないか。ウナギ養殖の特徴は、ふつう中華料理には用いない食材で、そのほとんどが日本への輸出用だということだ。周知のように現在、日本は中国の最大の敵国だ。敵国向けに特化した食材にどんな毒薬を混ぜようが、中国当局からおとがめを受けることはない。『日本民族を毒殺して殲滅(せんめつ)せよ!』なんてネット上の書き込みが平気で出ているのが、いまの中国の国情なのだから」

確かに、中国産ウナギからは過去に、マラカイトグリーンをはじめいくつもの発がん性物質が、日本の検疫当局によって摘出されている。今年2月にも、さいたま市で大量のマラカイトグリーン入りウナギが検出され、72.5トンもの蒲(かば)焼きが回収処分を受けたばかり。

 多くの日本人が口にする時節だけに、「最上段の箱のみの検疫」でなく、厳格な中国産ウナギの検疫態勢が求められる。
======

もうひとつ余計なことを書くと、支那で育てられているウナギのエサのことです。
ウナギは雑食なので何でも食べますが、肉などの栄養価が高いエサを与えれば、ウナギは大きく太ります。

ところが、牛や豚や鳥などの肉は、人も食べますから、値が高い。
そこで何を食べされるかというと、人の屍体なのだそうです。
日本と違い、支那では遺体の尊厳という概念がありませんから、死ねば、人もただの肉のかたまりです。
そして、人があまり買わない分、値も安い。
これを買ってきて、養殖池に、いちにのさんで、放り込むのだそうです。
すると水面が盛り上がるようにウナギが束になって遺体に襲いかかり、あっという間に骨までたべちゃうのだとか。

たとえどんなに安くても、私は、そんなものを食べようとは思いません。

食べるなら、国産ウナギを!!
そして支那産ウナギには、厳格な検疫体制を!!
というか、支那産ウナギは、輸入禁止にしてもらいたい。


そういう事で、私はウナギは食べていません。

最後に、話は変わりますが、私達がスーパーで買っている七味唐辛子も中国産です。

中国産と書いていなくても中国産なんです。これは日本政府にも問題はあります。

この普通にスーパーに売っている七味唐辛子は中国では農薬付けです。ウナギと同じです。

日本国内でしか食の安全は、守りきれないということです。

何々の農薬は禁止するとか、農作物に与える肥料や養殖ものへの餌への禁止事項とかは、国内法でしか守れない。
国内法は、外国には適用されないのです。

だからこそ、アベノミクスは農業の再建が必要なのです。

日本人だけでなく、世界の人達に安心できる食材を日本から輸出できるようにする。

日本の農業は今、大転換機にあると私は思います。

今日もリョウタロウのオデコにポチ頂ければとっても嬉しいです。

もちろんポチ無しでも、\(^o^)/いつもご訪問有り難うございます〜。



このブログでは私の思っている事を本当に伝えたい事に記載しています。
ご覧頂けたら幸いです。

[PR]

by rangefinder-love | 2014-07-27 17:00 | 本当に伝えたい事 | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://hologon.exblog.jp/tb/22237283
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Neoribates at 2014-07-27 18:37 x
C産のものは一事が万事,拝金主義の賜ですから,食べてはいけません.特に幼児,子供には御法度.関東・甲信以北の生鮮品とおなじです.
いまのお母さんたちは全く気にして折らず,へいきで子供に食べさせている.意識の問題でしょう.安けりゃいいという.
Commented by akirasoftil at 2014-07-27 21:53
怖いですね。
ウナギ大好きなのですが、これからは国産にしておきます。
Commented by rangefinder-love at 2014-07-27 22:26
★ Neoribatesさん 中国産の事はそうだと思いますが、関東・甲信以北の生鮮品と中国産を同じにされては困ります。放射能と仰りたいかもしれませんが、それは風評被害に他なりません。
今のお母さん達も意識はしていますよ。
ただ所得が少ない人が圧倒的に多いのです。
誰もがより良い食材を求めています。だって口に入れるモノですから。
ご自身の周りの若いお母さんがそうなのですか?多分ちがうと思いますよ。
Commented by syaraku-sya at 2014-07-27 22:32
鰻が大好物の私には怖い話です。。
Commented by rangefinder-love at 2014-07-27 22:32
★ akirasoftilさん やはり食料自給率をあげないといけないですね・・・。自分がやっていないのにそういうのはなんかなぁとは思いますが・・・。
だからこそ、農業もきちんとやっていこうとする世論を作らないといけないのですよね。私達が。
Commented by rangefinder-love at 2014-07-27 22:35
★ syaraku-syaさん ウナギって本当に好きな人がおおいのですね。
考えたら・・・。ほんとキリがないですが、考えると。。。やっぱり怖いですね。
Commented by g_voyageur at 2014-07-27 23:08
我々国民が現実を直視し、リスクと価格などを各個人で判断して食べ物を選ばなければならない時期になったのかもしれませんね。
今回の事件が本当に問題提起のいいきっかけになってくれればと思います。
安いものには本当にワケが沢山ありますね・・・。
Commented by Ryochanryosuke at 2014-07-27 23:25
この3年、鰻食べていません・・・。高いよ~
大好きだけど、今年も無理っぽいなぁ~
中国産ねぇ、ギョウザ事件以来極力、避けていますが無理だね~
外食すれば、ほとんど中国産だと思ったほうがいいよね。
七味唐辛子は知りませんでしたわ・・・気を付けます!
Commented by Neoribates at 2014-07-27 23:50 x

スーパー,デパート,小売店で買い物をしている若いお母さんたちを観察していると,残念ながら産地を気にせず買っているのを見る機会は数多くあります.また,関東以北の問題は,風評ではなく,測定値をしっかりと表示しないで市場に出していることや,基準設定そのものに問題があると思います.特に魚介系は意識すべきだと思っています.たとえば,東京湾にも数多くのホットスポットが存在するのはご存じですよね.東京湾での漁獲物への検査は不十分な態勢です.真実を表してはいません.三年過ぎてマスコミでも取り上げられる機会がほとんどないこの問題はだんだんと一般消費者の記憶からは薄れていっているようにしか見えません.それがコワイと思う次第です.
Commented at 2014-07-28 05:31
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by voyagers-x at 2014-07-28 10:26

国民性の問題なのでしょうか
金儲け主義と言ってしまえばそれまでですが
安心して食べる事が出来ない世の中ですね


Commented by syaraku-sya at 2014-07-28 11:51
昨日は、ありがとうございました!
なにぶんエキサイトはまだ不慣れなもので。。色々とご迷惑おかけすると思います^^;
こんな僕ですが、今後も宜しくご教授くださいね♪
Commented by rangefinder-love at 2014-07-28 22:34
★ g_voyageurさん まあ、今迄も色々問題あったので気にしている人は気にしているとは思いますが・・・。一番可愛そうなのは中国人と中国に出向している日本人ですね。逃げれない。
Commented by rangefinder-love at 2014-07-28 22:35
★ Ryochanryosukeさん 私も今日無性にウナギ食べたいって思いました・・・・。七味唐辛子は私も最近知りました。ショックです。
Commented by rangefinder-love at 2014-07-28 22:44
★鍵さん
かしこまりました。ブログにコメントしておきました〜。
Commented by rangefinder-love at 2014-07-28 22:44
★ voyagers-xさん 国民性です。それもずっとずっと昔からの国民性です。
Commented by rangefinder-love at 2014-07-28 22:45
★ syaraku-syaさん やっぱり〜!よかったぁ〜。今度私のブログに鍵コメでなんてコメント返して下さったのか教えて下さいね〜。
Commented by rangefinder-love at 2014-07-28 23:04
★Neoribatesさん ヨメのママ友や、私の知り合い、取引先では中国産を選ぶなんて。。。って感じなのでそう思っていましたが、実際には違うかもしれませんね。
放射線測定を毎年1mmSv以下というアホな設定は止めてもらいたいもです。
だったら、大分県や三重県は毎年1mmSv以上ですからね。
大分県や三重県は人が住んじゃ行けないのかと・・・。

ホットスポット聞いた事ありますが、ほとんどの食品の検査は抜き取り検査なので、前例検査すると・・・。
無理でしょうね。
ただ、回遊魚は検査の必要はないにしても、回遊魚でない貝や海藻などはもっとおっしゃる通り厳格な検査が必要だと思います。

ワタシは中国産の話をこの記事で取り上げたので関東より北の事は想定しておりませんでしたが、それを言うなら、PM2.5の被害をうけている西日本の農作物もあるかもしれません。
日本中どこでであっても絶対に安心はないのです。
だから、Neoribatesさんがおっしゃるようにもっともっと消費者が関心を持たなければいけないと思います。
Commented at 2014-07-29 05:13
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by rangefinder-love at 2014-07-29 21:14
★鍵さん 試してみてださいね!


<< scene762:日本の本来の...      scene760:あなたの近く... >>