2013年 09月 23日

scene447:経済の話⑦ マスコミには負けてはならない。私達の出来る事。

<予約投稿です>
e0253132_22433787.jpg

FUJI FILM FinePix X100
フィンランド ヘルシンキ
ヨメ撮影、私を撮る。

自分でも正直この消費税増税シリーズがここまで長くなるとは思いませんでした・・・。

なぜ、こんなに何度も行うかと言うと・・・。

まだ消費税増税と決まった訳ではなく、まだ覆す可能性があるからです。

新聞のお読みの方なら皆さんなら

「えっ?もう決まったのではないの?」と思われると思います。

 新聞には

『首相、消費税増税決断!』とか

『首相、消費税引き上げを決断 来年4月から8%に 』とか

『消費税、来春4月に8%に増税決定!!安倍首相が決断 』とか

どの新聞も連日こういった記事が一面を飾ります。

でも、連日です。首相って何回決断するの??
って思いませんか??

そう、実際はマスコミの飛ばし記事なんです。

*飛ばし記事とは・・・
 正確な確証(複数の関係者からの証言・あるいは物証など)を得ずに、不正確な部分に
 関しては記者の憶測などで補完された記事の呼称

こんな事がスポーツ新聞ならまだしも、大手新聞社がやっていいのでしょうか?

実は、今マスコミは相当焦っています。

安倍総理がマスコミの圧力に屈せず、一言もこの件についてはノーコメントを貫いて、
さらに、財務省とも対決の姿勢を貫いているからです。


財務省次官 木下康司も相当焦っています。←この人が消費税増税の仕立ての張本人です。

でも、新聞とネットで情報をとらないごく普通の一般市民は

『消費税増税ってもう決まったんでしょう?』と思っています。(当然です)



e0253132_1471434.png

この記事を私は見た時本当にビックリしました。

*尚、この記事はチャンネル桜の水島社長が産経新聞に問い合わせら、
「裏が取れたから記事にした。」
(と言う事は記者自身が首相から聞いた訳ではない事が分かった。)

*また朝日新聞には倉山満先生が朝日新聞に電話したら朝日新聞の記者の妄想で
 記事にした事が分かりました。

でも見た瞬間は私はそんな事を知らないので
『えっ!?10月に決めるって言っていたんじゃなかったの??』

と慌てて、首相官邸のHPのご意見募集

「これウソですよね?絶対に財務省とマスコミに負けないで下さい!!」

とメール送りました。

*首相官邸のHPのご意見募集の内容は返信はありませんが、本当に官邸の人は見ています。
だから今私と同じような考えの人はみんなメールしています。
(返信ありました。後日受けたった旨の返信メールがきました。)


電話やメールの意見と言うのは実は結構政治家は大事にしている様です。

自民党税制調査会メンバーにもメールで増税反対とメールする事も有効なので私もしています。
私はこのブログを通じて連絡先を知って、メールしました。
おそらくものすごい数の電話とメールが来ていると思うので結構効いていると思います。

10月に入ってから消費税をどうするのか決めるのが、安倍首相自身が決めると言う事なので
それまではまだ決まってないんです。


でも先ほども書きましたが産経新聞でさえ、この調子です。
TPPの時と同じで消費税増税もメディアは政府をあおり立てます


もし、安倍首相が消費税増税を決定したら、必ず消費は冷え込み、デフレに逆戻りします。
そうすると、支持率は下がり、また6年前と同じく安倍叩きが始まって内閣総辞職になります。


そうなると本当に日本はおしまいです。他に総理できる人いますでしょうか??

最終的には安倍総理を信じるしかありませんが、国民は声を関係各所、各省庁に届けるべきだと
思って、私は今微力ながらやっています。

マスコミと財務省次官 木下康司には負けてはいけないと思います。

*ちなみに木下康司は『ネットは見ない!』と相当いやがっているようです。

『木下康司』とネットに入れると一杯出てきます。

個人攻撃は卑怯だと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、それぐらい敵は強大です。
というか、それをされる人間って相当(悪)ですよね。

最後に
官房長官、消費増税「正直なところ総理は決断していない」と日本経済新聞から記事がでましたね。

(実は日経新聞の経済部はダメだが、政治部は優秀なんですよね。)
e0253132_23195284.jpg



今日もご覧頂きありがとうございました。
宜しければ、張り切って作ったオリジナルバナーをクリックお願い致します。\(^o^)/

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

このブログでは私の思っている事を本当に伝えたい事に記載しています。
ご覧頂けたら幸いです。

[PR]

by rangefinder-love | 2013-09-23 17:00 | 本当に伝えたい事 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://hologon.exblog.jp/tb/21100155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Neoribates at 2013-09-23 17:13
ない頭で考えると,だれかが言っておりましたが,法人税払っている事業所は3割程度しかいない状態で,給与5%上げたら減税しますと言っても,その3割の人間にしか結局のところ,実質的再配分は廻ってきません.喜ぶのは投資家だけですよね.株なんてのはアベノミクスで雰囲気,先読みでどうにでもなる.企業の実績なんてのは株価含みの数字だから,どこまでが実体なのか分からない.これで消費税上げしてほんとうに景気がよくなり給与があがるのでしょうか.あがるのはその僅かな一握りの大企業の人間だけという結末がみえているように思えますがねぇ... 風が吹けば桶屋が儲かるしきの安易な結果は見えない気がします.
Commented by rangefinder-love at 2013-09-23 19:05
★ Neoribatesさん
こんにちは!!コメントありがとうございます\(^o^)/
ない頭なんて、とんでもない。おっしゃる通りです。
法人税は3割しか払えてません。
給与5%UPの話もおっしゃる通りです。
三ヶ月程前に国会に法人税を減税するべきだと誰かが質問してましたが、麻生副総理が
「いま法人税を払えている企業は3割しかいないので減税することはある意味不公平になる。それよりは投資減税を検討すべきだ。」
と答弁されていました。
アベノミクスは始まったばかりで、この20年のデフレでしかも規制緩和、法人税、高額納税者の所得税、消費税とデフレ対応策ではなく、インフレ対応策をして来た状態ですから、あと2年はかかるでしょう。
(それでも2年ですよ。20年を2年ってすごくないですか?)
でも折角良い兆しが見えてきたのにここで消費税増税すると逆戻りです。
今回の記事で言いたかったのは、それをさらにマスコミが後押ししている現状を伝えたかったのでした。本当に酷いですね。
Commented by voyagers-x at 2013-09-24 09:23

おはようゴザイマス!!
詳しい解説を本土に有り難うございました。
ついつい表面的で日常直面する事にばかり目が行ってしまい、判断してしまう事が多くなってしまいますね。仕組みや真相はもっと複雑ですね。外国のようにとは一概には真似して出来る様な現実の甘さはないですね。しかし、大部分の国民は多分深い理論を変わろうとしないけど、直面する事で政治を判断しますね。十分な説明の機会があればいいけど。

Commented at 2013-09-24 16:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-09-24 16:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by rangefinder-love at 2013-09-26 00:29
★ voyagers-xさん
仰る通りですよね。もっとキチンと説明してくれればいいのですが、マスコミはこんなんですし。
良ーく見るとちゃんと書いてある時はあるのですが、その時は見出しに書かないで、一番最後に書いていたりする。
それって、忙しい現代人。みれません〜。
Commented by rangefinder-love at 2013-09-26 00:30
★ 鍵さん
有難うございました。本当に嬉しいです。そう言ってもらって本当に嬉しい〜!!
内容についての返信はまた今度させて頂きます。
まずはお礼まで。


<< scene448:経済の話⑧ ...      scene446:経済の話⑥ ... >>