2013年 09月 22日

scene446:経済の話⑥ 財界(経団連)の法人税は上げて、投資減税は全額控除が良さそう。

<予約投稿です>
e0253132_10183032.jpg

FUJI FILM FinePix X100
フィンランド ヘルシンキ

昨日の続きです。
昨日の記事は長い!!ε٩(๑> ₃ <)۶з

と、思います・・・。すみません。

なのでおさらいにKAZUYAさんのこの動画をご覧ください。

(本当に毎回私が言おうと思っている事とかぶるなぁ)
最初から2:13までが昨日は話。
2:14〜が本日の話の障りです。

【本日】
財界が消費税増税しろと政府に圧力をかけ、そうしてきた結果社会保障に全然当てれていない
そして今後も当てれない事をお伝えします。





e0253132_1131170.jpg

FUJI FILM FinePix X100
フィンランド ヘルシンキ


□消費税は低所得者に優しくない
e0253132_1122315.gif

図の通り消費税は、低所得者ほど負担が重い正確をもつ税金で、導入から23年がたちました。
その間に何が起ったか?

□消費税収入の割合7%→22%に増加
e0253132_1131714.gif


消費税が導入されて以降10数年で、国税収入に占める消費税の割合は、
7%から22%に上がっています。(欧州、スウェーデン並み)

一方、法人税は36%から22%に、所得税は37%から34%に下がっています。

これは、企業減税や高所得者減税、長引く不況によるものです。
そもそもデフレ下で消費税を導入したから景気が良くならないんです・・・。
そして企業減税はまだしも、なぜ高所得者減税する??

で、結局。

□消費税の税収分がまるごと法人減税などの穴埋めに
e0253132_1152275.gif


企業の法人税を減らした結果・・・。

政府は、日本の法人税は高すぎると、連続して法人税減税を行なってきました。
1988年には42%だった税率が、2003年には30%に下がっています。

15年間の消費税の税収は136兆円にのぼりますが、
同じ時期の大企業から税収(法人3税)は131兆円も減収しており、

消費税が大企業の納めるべき法人税の減税・減収の穴埋めにされています。

日本の直接税と間接税の比率は、
1990年度に70%対30%だったものが、
2000年度には60%対40%に、
そして2002年度には56%対44%になっています。

以上のグラフは10年も前の古いデータになりますが、今も本質は変わっていません。

今回の消費税増税で消費が冷え込むので法人税を下げようという話があります。
さらにその他経済対策5兆円!!

えっ!?

なんの為の増税なんでしょうか?

理由は何度もなりますが以下の通りです。

・財務省は軽減税率を適用する業界を増やしてで天下り先を増やしたいから増税推進。

・天下り先のメディア(読売新聞)や他の新聞各社も新聞の軽減税率化をエサに増税は
 既定路線と記事に書く(あの産経新聞も同類)。

・財界(経団連)は消費税から社会保障費に当てる事によって社会保障負担分(法人分)
 を減らす。政府が逆らうと政党寄付金を減らす圧力をかける。

日本には敵が多すぎます。

今回は財界(経団連)に焦点を当てた回ですので、私の考えとしては
財界(経団連)の法人税は上げて、投資減税は全額控除が良さそう。

今デフレ下で法人税を納めていない企業は70%を超えています。
(赤字なら法人税を納めなくて良い)


だからいっその事、今まで下がり過ぎていた法人税はきっちり上げる。

そのかわり投資減税を思いっきりする。
通常投資減税は一部となっているが、全額控除が良いと思う。


法人税をあげないと、なんにも変わらないけど、法人税がどうせ上がるなら
投資をして経費にすればいいと思うのが経営者としての考えではないでしょうか?
(但し、企業の規模に合わせて法人税はあげないといけないと思います。)

これはTVタックルでもおなじみの参議院議員の西田昌司先生の考えでもあります。



とにかく、まずはデフレの脱却が最優先です。
そして経済を成長させることが重要で、経済が成長すると自然と税収は増えます。


まだ末端にその実感はないのです。

ならばその時期まで増税を引き延ばすというのが理想的ではないでしょうか?


参考資料:
グラフで見るこれからの医療


ちなみに今日の写真は2枚ともヨメ撮影です。
やるな〜!!



今日もご覧頂きありがとうございました。
宜しければ、張り切って作ったオリジナルバナーをクリックお願い致します。\(^o^)/

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

このブログでは私の思っている事を本当に伝えたい事に記載しています。
ご覧頂けたら幸いです。

[PR]

by rangefinder-love | 2013-09-22 17:00 | 本当に伝えたい事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hologon.exblog.jp/tb/21098469
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by g_voyageur at 2013-09-23 00:14
こんばんは、ご無沙汰しております。

戦争問題に引き続き税の問題も不勉強でお恥ずかしい限りです。

構造的に大企業(法人)が政党交付金や天下り先の供給をネタとして自分たちに都合の良い流れに、しわ寄せを一般市民にという構造を構築してるというわけですね。

各国の消費税率と税収の割合は大切な数字ですが、表に出てこないといいますか僕の勉強不足も手伝って今回初見でした。

ここカナダでも州によって税率やかかるものかからないものの差がありますので、単純に消費税率だけで全体の税収をかたるのもナンセンスなお話ですよね。

都合のいい事しか表に出さないっていうことだけはどの問題からみても同じですね。

Commented by rangefinder-love at 2013-09-23 17:52
★ g_voyageur さん
こんにちは!!ロンドンへのお引越しお疲れ様でした(>人<;)
カナダにもロンドンってところがあるんですね。
ネットつながってようやくやれやれですね。
コメントありがとうございました。
コメントいただいたとおりおっしゃる通りです。
政治も歴史問題も海外にすむ日本人としては本当は行く前の必須科目だと思います。(もちろん言葉もそうですが私は同じ、それ以上大切と思っています。日本人としてのアイデンティティがないと色んな人とやっていくには結構辛いと思います。これは私自身の経験ですけどね。)
でもここが日本は一番ダメで、けっしてg_voyageur さんのせいではないですよ。
日本人みんなそうですから。
日本人が誇り高く海外で活躍するためにもネットで調べるか、私のお勧めする動画か、私の記事を参考にしていただければ嬉しいです。\(^o^)/


<< scene447:経済の話⑦ ...      scene445:経済の話⑤ ... >>