2013年 08月 31日

scene424:右でも左でもない、真っ直ぐ真ん中から見つめるという事

<予約投稿です>
e0253132_22543952.jpg

2013-08-20 SIGMA DP2x 首都高から

たまたま、青山繁晴さんの講演の動画を見つけました。

2010年11月27日に開催された「my日本一周年記念フェスティバル」における、­
青山繁晴氏の基調講演「祖国は甦る」

ドイツのビアホールで老人から
「なぜ?日本は拉致被害者を取り返さないんだ?あんな弱い国に?」
尋ねられたことをきっかけに、日本の自主独立につ­いて考えさせられたという話を話され、
その後の移動中にライン川のほとりに建つ誰からも攻められないように出来ている数々の
古城を見て日本の京都御所の特異性に気づいた­(無防御、天皇を襲う人がいない)
という話から自衛権の問題、資源のない国と言われてきた日本が実は資源大国の可能性­を
秘めていること等、戦後日本人が思い込まされてきたことは実は諸外国の常識とは
異な­っているという話を、氏の魅力的な話法で語っておられます。

e0253132_22521655.jpg

2013-08-20 SIGMA DP2x 首都高から スカイツリーが真っ直ぐ真ん中に

「右でも左でもなく、まっすぐ真ん中から物を見る」という青山繁晴氏とはどんな人物で­、
どういう主張をしているのかがよくわかる題材としてご覧ください。

〜AoyamaOpinionsさんのメッセージ〜(一部 自由時間編)

Youtubeの動画UP者は「AoyamaOpinions」さんという方でした。

この人も私と同じく、青山さんと全然関係の無い人であって、
「どうにかしてこの人の言っている事を一人でも多くの日本人に伝えたい!」
と思っている人なんだろうな〜と思いました。

2010年11月27日と言う事はあの東日本大震災の前です。
この当時、私は青山さんを知らなかった。

今は情勢は変わっていますが、今見ても新鮮な内容です。

この動画を見ると私のお勧めする青山氏の著書僕らの祖国 -青山 繁晴-を読みたくなるかもしれません。

講演は全部で2時間、動画は10分を12回に分けて投稿されています。
②/⑫まで見て頂いて少し判断して頂ければと思います。

この動画は本当にお薦めです。私のブログのカテゴリ
「本当に伝えたい事シリーズ」を読んだ事ない人は
きっと、きっとビックリしますよ。

自分はちっぽけな存在だけど、何か公の為に私もできるんじゃないかと思います。


今日もご覧頂きありがとうございました。

下の[MORE]の動画をどうか見て見て下さい!

また、宜しければ、カエルをクリックお願い致します。•̀ㅁ•́

にほんブログ村 写真ブログ ライカへ
にほんブログ村

このブログでは私の思っている事を本当に伝えたい事に記載しています。
ご覧頂けたら幸いです。


動画はこちらです↓↓↓↓↓↓


























[PR]

by rangefinder-love | 2013-08-31 17:00 | 本当に伝えたい事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hologon.exblog.jp/tb/21001069
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< scene425:モノクローム回帰      scene423:現像していない >>