2013年 08月 16日

scene412:明日への希望〜自前の資源を持つこと〜

<予約投稿です>
なぜ、先の大戦に突入したのか?
なぜ、負けたのか?


自前の資源が日本になかったからである。

日本には石油がない。
連合国に輸入路を封鎖され、突破口を切り開くしか無かった。

敗戦後、二度と負ける戦争などしなくて済む様に、何より自前の資源を持とうとするはずだ。

ところが戦争に勝ったアメリカの言いなりにアメリカやイギリスが支配する
国際メジャー石油資本の言い値で、現在まで石油や天然ガスを買ってきた。

やるべき事が真逆である。
戦争に負けた以上は、勝った側の言う事を聞かねばならないと思い込み、恐れ、
日本の政治指導者やトップ企業の経営者から一国民まで、それぞれの身を守るため思い込んだ。

それは私も同じです。

日本が原子力発電に自民党政権も民主党政権も、力点を置いてきたのは、これにいくらか抵抗
しようという意味があった。

原発も燃やすウランは海外から買わないいけないが、ウランは世界中から採れるので
アメリカの支配を受けにくい。原子力を準国産エネルギーと呼ぶこともある。

原子力もフクシマの事故から未だ立ち直れていない。

福島の放射性廃棄物を最終的に封じ込める事は実際にはほぼ100年かかる。
だが、この災害があってなお、原子力のメリットも正当に評価せねばならない。
e0253132_1739155.jpg

Leica M9-P + Voigtländer SWH 15mm F4.5 ASPH.

かつて、田中角栄首相は中東で直接、現地国と交渉して油田を開発しようとしたが
ロッキード事件で実刑の有罪判決を受け、上告中に亡くなった。

それから日本には国際メジャー石油資本と張り合う試みは一切、途絶えてしまった。


そして、福島の原子炉もまたアメリカGE製のマークⅠという有名な欠陥炉だ。
どこで有名かというと当のアメリカで・・・。


①コスト削減の為に格納容器が小さくしてある。

地震をはじめとする自然災害やヒューマンエラー、人間のミスによる事故、
テロによる異常事態になった時に、水素の発生の際に水素爆発が起きやすい。

②BWR(沸騰水型軽水炉)であり、核分裂をコントロールする為の「制御棒」を
 圧力容器の底から入れる。だから最初からお釜の底に穴があいている構造。

メルトダウンで核燃料が溶けた時穴に隙間が出来ていれば、そこから下に漏れやすい。

③使用済みの核燃料棒を入れるプールが地上から30〜40mの高さにある。

何か起きて水を入れる時には当然、困り果てる。
みさんもTVで見たはずです。消防車やヘリコプターで海水を入れる所を・・・。

マークⅠは1970年代からGE社の技術者が内部告発したり、政府の核規制委員会からも
告発があり、大騒ぎになった。

だから、地震の多いアメリカの西海岸には一基も無い。
サンフランシスコ大地震やロサンゼルス大地震が繰り返されてきた西海岸には危なくて
置けなかった。


地震がほとんど起きないとされてきた東海岸、ワシントンD.C.やニューヨークのある東海岸や、
アメリカ大陸の中央部にだけ置いた。

それをアメリカは、地震国の日本に売りつけた。日本はそれを買った。

もし、福島第一原発の原子炉がが全て国産炉だったら、ここまで過酷な事故にはなってなかった
可能性が高い。

戦争で負けて、買ったアメリカに従わなければならないと延々と思い込み続けて来た結果、
こんな所にまで、その悪影響が及んでいる。


日本は本当の意味でかわらなければならないと私は思っています。

それは「日本は資源小国である」という思い込みを捨てる事であり、

「日本は敗戦国であるから、勝者の作った世界秩序に従属せねばならない。」という思い込みを
脱しなければならない。


日本は自前の資源を持つべきです。そして国民一人一人がそれを阻止する力と戦うべきです。

「えっ?自前の資源ってないでしょ?日本には??」

と思うのは当然です。



e0253132_17445852.jpg

Leica M9-P + Voigtländer SWH 15mm F4.5 ASPH.
Finland Marimekko本社

「日本は資源が無い国だから」と信じて来た。信じ込まされてきた。

学校でも、国会の論議でも、新聞でもテレビでもみんなそうだった。


しかし、日本は1968年の当時から、国連「資源豊かな国」名指しされてきた。

尖閣諸島の海底に、イラクと同じぐらいの原油があると報告されていた。


なぜ、国連なのか?

1960年代の後半、国連は世界で資源探しをした。その時すでに、やがて石油が枯渇する
と心配されていたからだ。
探しても大した成果はなかった。ところが、ほとんど唯一、有望な海底油田、海底ガス田が
みつかったのが、日本の尖閣諸島だったのだ。

しかし日本は、ぴくりとも動かなかった。政府はその沖縄県の海で、油やガスの試掘も採掘も
しなかったし、国民の関心もほとんど無かった。マスメディアも国会議員も沈黙した。

中国や台湾が必死に「尖閣諸島は自分の領土だ」と叫ぶのを、横目で見ていただけだった。

なぜか?

ひとつは、敗戦後の日本国民は領土に関心を持たないようにしつけられてきた。

ひとつは、日本は資源の無い国だとひたすら思い込まされてきた。

ひとつは、中国が叫ぶと「日本には戦争責任があるから黙っていなければ」と思い込んで来た。
先の戦争と、現在の尖閣諸島で資源が発見された事は何の関係もないのに・・・。

1968年の発見から、現在すでに45年も経っている。
その間ずっと、私達はみな揃って、「日本は資源の無い国だ」と己に言ってきたのです。

ただ、私が本日言いたいのはこの尖閣諸島の資源の事ではない。
e0253132_17514457.jpg

Leica M9-P + Summarit 75mm F2.5
デンマーク 郊外 風力発電 
(台風の多い日本には向かず、低周波騒音で今もデンマーク市民は悩まされている事を
 日本のマスメディアは報じない。)

日本を資源豊かな国として蘇らせるのに、もっと有望なものが存在している。実在している。

それは人類が石炭、石油、天然ガスの次に発見した第四の埋蔵資源であり、一番燃焼効率が良く、
地球温暖化への影響が一番小さいと期待されている。

メタンハイドレートである。「燃える氷」とも呼ばれている

最近は聞く人も多くなってきましたが、まだまだ認知度も少なく、また今まで石油資本の
既得権益にいる側からの圧力は相当なもので、間違った報道や情報も少なくない。


私が紹介する青山繁晴さんの奥様の青山千春博士がこの道での第一人者だ。
この資源の場所を安価で調査できる特許を日本だけではなく、世界各国で特許を取った。

彼らは政府が支援する太平洋側での調査とは別の日本海側での調査を続けて来た。
そして太平洋側より有望で、日本の天然ガス使用量の200年以上のメタンハイドレートが眠って
いる事を突き止めた。


10年後には実用化も可能と言う。

メタンハイドレートは天然ガスの一種でメタンと水分子がくっついたもので、
従来の火力発電所で使えるし、応用すれば車にも使える。

おまけに燃焼はCO2発生は従来の天然ガスより80%。
逆に燃やさないと地球温暖化効果はCO2の20倍なので、海から自然発生している
メタンハイドレートを利用すれば、1/20の地球温暖化効果のCO2になるので
結果として地球温暖化抑制に働く、燃やさないと損なエネルギーなのです。

さらにメタンハイドレートは取ったら終わりの有限の資源ではない!

まさに夢の様な資源である。これがあれば日本はわざわざ高い値段で石油や天然ガスを
買う必要がないし、逆に資源輸出国になれる。
さらに、資源の事で各国に足下を見られる心配がなくなるのである。


今までは10年間で588億円の予算を投じて太平洋側で調査が進められて、ほとんどないと
言われて来た。
あっても深い場所にあり、砂が混じり純度が低く、実用化には手間が非常にかかる。

それが日本海側では豊富にあり、100m掘ったら、白い結晶が出てくる。
それを政府は今までしなかった。


今第二次安倍政権になり、その中で総務大臣に入閣された新藤義孝先生が青山千春博士と
昨年6月に一緒になって日本海側を調査する際に同行されました。
(この方はあの、硫黄島の戦いでの、総司令官 栗林中将閣下のお孫さんです。彼は自分が栗林中将閣下の孫だからこそ
 国会議員の中でだれもがこれないスケジュールを無理矢理あけて参加されたとか。
 資源がいかに国家にとって必要か、血で知っていらっしゃるからです。)

新藤さんは船内に映し出されるメタンプレームを見て、
「こんなにはっきり見えているのに、なんでやらないんだよ!
 青山さん、政権取り返したら絶対やるから!」と仰られ、事実11億円の予算がつきました。
 
(それでも太平洋側の1/50ですが・・・。それまでは300万円だったので。)

ここまでの苦難の道のりは
「希望の現場 メタンハイドレート」を読めばわかります。
もっとすごい事が記載されていますが、書ききれない・・・。

e0253132_17593633.jpg

SIGMA DP2x

ただ、全く楽観視できません。世界と国内両方に敵がいます。
2004年青山千春博士がこれを発見し、海外の学会に発表した際にものすごい反響がありました。
その時中には韓国の学者も色々聞いてきたようです。

2011年の国際ガスハイドレート学会の時、青山千春博士は焦りを覚えたらしいです。

韓国が「竹島の西と南の海底にあるメタンハイドレートを2014年までに実用化する。」
と発表していました。驚いた事に資料には日本海の事を堂々と
”EAST SEA”(東海)と記されていました。スポンサーはアメリカでした。


彼女はこの事を抗議しました。しかし私達の税金を使って調査している経産省、JOGMEC、
東大の研究者たちは抗議をしなかった。

かれらの調査は太平洋側。私費で研究している青山博士の日本海側ではありませんでした。

「アメリカは同盟国・日本を裏切るのか。1951年に韓国も第二次世界大戦の戦勝国として
 扱ってくれ、そして竹島を韓国領とみなしてくれ、とアメリカに懇願した際にアメリカが
 敢然と、韓国は戦勝国ではないし竹島は韓国領ではないと返答した経緯もある」と言うと


「日本は韓国による竹島の実効支配を事実上、黙認しているようにみえる。
 日本海の結晶状のメタン・ハイドレートは、実用化が容易な可能性も高く、合衆国は当然、
 深い関心がある。日本政府は、竹島の海域のみならず日本海全域のメタンハイドレートに
 無関心を装っている。理由はわからない。しかしエネルギーの問題は急がねばならない。
 やる気のある韓国に資金を出すのはフェアな事だ。」



さらに、国内。

僕らの祖国の中では青山さんは大手石油会社の社長にこう言われている。

青山さん、日本は戦争に負けたんだ。勝ったアメリカの言う通りに、資源は海外から買う。
 それで世界秩序も、われわれ日本の経済もうまく廻っている。
 日本海のメタン・ハイドレートは実用化が高いからこそ、それを覆す恐れがある。
 だから我が社もできない。日本は資源のない国だと決まっているし、資源のない国でいなきゃ
 いけないからですよ。」と素直に言ってくれたそうだ。


国民が知らない所でこんな事が起きています。
国民はこれに対して怒りの声をあげない行けないと思います。


まずは、国民がこの「"日本海側”のメタンハイドレート」を言うものを知って、
知らない人に伝えて言って、国民の関心はもっと集める必要があります。

また、可能であれば首相官邸のHPの中のご意見募集(国政に関するご意見・ご要望)
に「日本海側のメタンハイドレートをもっと早く実用化に向けて政府として動け!!」
と要望すべきです。
(返信はありませんが、かならず内容は見ているらしいです。)

これは他人事ではありません。
平和を望むなら、子々孫々の事をほんとうに思うなら、出来る事はそれぞれあるのです。



最後まで私の伝えたい事に付き合って頂いて有り難うございました。
これで一旦は「本当に伝えたい事シリーズ」はお休みします。またあれば載せますが。
もし心に響く所あれば、カエルをクリックお願い致します。•̀ㅁ•́

にほんブログ村 写真ブログ ライカへ
にほんブログ村

*今日の様な内容は当ブログの『カテゴリ』の本当に伝えたい事に記載しています。
ご覧頂けたら幸いです。

[PR]

by rangefinder-love | 2013-08-16 17:00 | 本当に伝えたい事 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://hologon.exblog.jp/tb/20935694
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by LM_HELL at 2013-08-16 22:12
そう、日本には売国奴が多すぎるのであります。
内国に於ける国民の最大の敵は、朝日新聞と、日教組でありましょう。
Commented by g_voyageur at 2013-08-17 00:13
日本のトップと言われるところに売国奴がはびこり、
己の利権を守りたいがために国民は犠牲になり続けてるということでしょうか・・・。
この国の民主主義は見せ掛けだけのハリボテですね。
Commented by Neoribates at 2013-08-17 01:47
売国奴は国会議員,企業など,体制側にこそ根深くはびこり,金権を貪っているクズどもである.そして天皇制である.我々は織田信長に学ばなければならない.まずは革命を起こさなければならないのである.本気で武力を蓄え,金を蓄えてこれに臨まなければならない.朝日や日教組など体制の害虫を殲滅できたなら,その気になれさえすれば容易に壊滅させられる.
Commented by YOU at 2013-08-17 08:23 x
おはようございます。
ここしばらく拝読させて頂きました。
日本人として我々がキチンとした見識と自覚を持たないと、これからの子供達の将来にも大きく影響するんだなぁ..と漠然ながらも(すみません)再認識しました。
有難うございます。
Commented by voyagers-x at 2013-08-17 09:17

おはようゴザイマス!!
戦争に負けた国は全て言いなりにならなくてはいけない時代はとっくに終わってるけど、現在の日本の国力は低下していて、他国に依存していかなければ存続出来ないですね。資源もないし。飼っては技術力を売りにして技術面では先進国でしたが、今はそれも特別なアドバンテージではないし。国力があればNOと言えるのでしょうけど.......。

Commented by minton at 2013-08-17 11:19 x
謝るべきは謝ったはずで開き直るつもりもないけれど、隣国たちの姿勢にはもう疲れるばかりです。
靖国問題も自衛隊が使っている旭日旗も僕が子供の頃は海外から文句を言われる対象ではなかったです。

マスコミは日本の体制を非難することが正義とばかりに書き立てますが、日本を愛する方向には向きません。
沖縄の問題も基地反対ばかりが表に出ますが、沖縄まで返せといわれている現実をもっと取り上げるべきだし、基地問題があることを承知で基地ができたあと住み着いた人にそれをいう権利はないはずとも思うのです。
Commented by speedstar-dhy at 2013-08-17 22:02
こんばんは。
戦後の歴史をしっかり日本人が学ぶようにしないといけませんね。
それはまだ現在進行形でつづいているものですし、本当に何があったのかを知ることは重要です。売国奴がしっかりと体制側を形成し、マスゴミとともにそれを維持し続けているこの状況が変わることが必要ですが、それは外圧ではなく、日本国民のなかで起こっていかなければなりません。
Commented by rangefinder-love at 2013-08-18 00:16
★LM_HELLさん
そうですね。いろんな所にいますからね。官僚にも。
そしてそれの根源となったのが日教組かもしれませんね。
Commented by rangefinder-love at 2013-08-18 00:18
★ g_voyageurさん
どこの国もある事だとは思いますが、根源は教育でしょうね。
個を重視して公を大切にしない風潮が戦後に蔓延りました。
これを根っこから帰るのはみんなの努力が必要です。
Commented by rangefinder-love at 2013-08-18 00:20
★ Neoribatesさん
その気になるには、私みたいな事を言う人があと100万人はいりますね。はやくそう言う日がこないかな〜と思って、微力ですが頑張ります。
Commented by rangefinder-love at 2013-08-18 00:23
★ YOUさん
子供には、「僕らの祖国」を読ませる事が一番かもしれかせんよ。
元々はリスナーのお母さんから子供に日本について読ませる本がないと言われて青山さんが書いた本なので。
漫画なら小林よしのりさんの「戦争論」がお薦めですね。
両方とも私は親父に読んでもらいましたが。ビックリしていました。
Commented by rangefinder-love at 2013-08-18 00:25
★ voyagers-xさん
今回の回に書いたのが資源が無い事と日本人は思わされて来たという事です。従って、資源はあります。
だから日本海側のメタンハイドレートをもっとみんなが知るべきですね。
Commented by rangefinder-love at 2013-08-18 00:29
★ minton さん
昨日ガソリンスタンドで洗車していて久しぶりに朝日新聞と同じく左翼新聞の毎日新聞を読みました。あれは・・・。すごいですね。
頭がおかしくなりそうになりました。またこれしか読んでなかったらそうなるわ、と改めて新聞の怖さをかんじました。
沖縄の問題は知事が中国の帰化人なのが一番の問題ですね。
また反対運動をしているのは支那共産党の工作員です。
TVに写っているの、あれ全部工作員ですよ。すごいですよね。
だから沖縄の人達はオスプレイ賛成派がかなりいます。運動もせれています。(友達でもいます)ただいくらやっても報道されない。
それが現実です。
Commented by rangefinder-love at 2013-08-18 00:34
★ speedstar-dhyさん
北海道新聞もやばいですよね。
現在版も歴史も私がお薦めするCGSで始まっています。
時間がある時にご覧下さい〜。


<< scene***:自由時間が本...      scene411:硫黄島(いお... >>